Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年03月02日

試合前コメントと先発予想:バイエルンvsマインツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1456843265

先発予想

 バイエルン:ノイアー – ラーム, キミヒ, アラバ ベルナト – アロンソ – コマン, T. ミュラー, M. ゲッツェ, F. リベリ – レヴァンドフスキ

 マインツ:カリウス – ドナティ, バログン, ブンガート, ブスマン – バウムガルトリンガー, ラッツァ – クレメンス, マリ, ハイロ – コルドバ




試合前コメント

バイエルン監督:ペップ・グアルディオラ

マインツは手強いクラブの1つだ。コルドバはとてもちからづよく、中盤にはフライとバウムガルトリンガーという、二人のクレバーな選手が控えている。そして良いGKもいるね。彼らはPA内で守りを固めてくるようなチームではない。むしろダイナミズムのある選手を要した、オフェンスへのクオリティをもったチームだ。


前節のヴォルフスブルク戦と、今回のマインツ戦は、週末のドルトムント戦よりも重要な試合だよ。ドルトムントはより重要な相手だし、いかに良いチームかはこれまでに我々に対して見せてきている。ただヴォルフスブルク戦もマインツ戦も、ドルトムント戦と同じ勝ち点3を得られるんだ。


全員の体調はいいし、いい練習が行えているよ。ゲッツェは4週間負傷を抱えて、そして1週間、10日練習をしているところだ。つまりはまだベストコンディションにあるとはいえない。ただ日々良くなってはいるがね。


まだこれから3ヶ月も戦いが残っている。これからどの選手だって必要となってくるよ。


ゲッツェはこれまでも、現在も、そしてこれからもとても重要な選手だ。負傷の前にはトップコンディションにあった。遅かれ早かれ、彼はまたプレーすることになるさ。多くの人々は、「まぁ、彼のことをスペシャルだから」と思っているようだが、しかしそういうことではない。彼はとてもプロフェッショナルに取り組み、24時間サッカーのことを考えている選手なんだ。


マインツ監督:マルティン・シュミット


勝利を収める、そのことに集中している。もしもレバークーゼン戦の時のようなプレーができれば、マインツというサッカーができれば、打開策は見えてくると思う。


今季好調の要因は、多くの試合で我々が見たいものをピッチで表現できているということ。そして結果とパフォーマンスが折重なりながら、1つの絵を描くことができているのさ。


大腿筋に問題を抱えるダニー・ラッツァは、まだ練習で全力を出すことができていない状況だよ。


バイエルンCEO:カール=ハインツ・ルメニゲ

… ビデオ判定技術導入について

たった一人の人間が決定してしまう、というのはもう受け入れられるものではない。それは競技面での成功もあるし、イメージのためでもあるし、多くのお金が影響していることでもあるんだ。

根本的な部分は、もっと安定したベースで判断しなくてはいけない。もう導入を妨げるようなものはないだろう。明らかなミスジャッジは防ぐべきだ。このことが、サッカーの根幹を揺るがすことになるとは思わないね。むしろより公平に、サッカーに真摯に向き合えるようになる。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker