ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年03月03日

コメント、写真:インゴルシュタット1−1ケルン

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


得点

1−0 ヒンターゼーア(36分、ダ・コスタ)

1−1 モデスト(72分、リッセ)




試合後コメント

監督:ラルフ・ハーゼンヒュットル(インゴルシュタット)

とても長い時間試合をコントロールしていたんだ。ただ点を取りかえされてからは、もうそれにあがなう力はないという感じだったよ。最終的には、今回の勝ち点はOKとしてなくてはなるまい


FW:ルーカス・ヒンターゼーア(インゴルシュタット)

… PK以外での久々の得点

FWにはこういう時もあるさ。でも不意に得点する機会が訪れてくるもの。なぜだかわからないけど、これもサッカーだよ

… 後半戦では先発から外されていたが

もちろん突然先発から外れたのだから、満足しているなんて言えるはずがない。でもこれはブンデスなんだ。どのクラブだってバランスのとれたチーム編成を行っている。へこむのではなくて、落ち着きをもって、また練習に勤しんだよ。またチームの助けとなれて嬉しいね。FWとして得点を決め、勝ち点獲得に貢献することは1つの目標だ。これで僕たちの勝ち点は31。誰もこれを奪うことなんてできないよ。


監督:ペーター・シュテーガー(ケルン)

今回の勝ち点に不満はない。見合ったものだ。2連敗後ということもあり満足している。順位という点でもね、心理的にも重要な勝ち点だ。すべてオーケーだよ。ありがとう。選手たちは決して諦めることなく、チャンスをつかむために戦っていた。ただ全てをうまくできたというわけではない。もしそれができていたなら、もっと勝ち点を得ることができていただろう。

… 頭部をけられたモデストについて

あまり良いようには見えない。ロッカールームで休んでいたよ。話すことはできるのだが、全くOKという感じでもないね。今はそれ以上に語れることはない。

… 前節対戦のハンブルクはインゴルシュタットのプレースタイルを非難

このプレーだけが、不快に見えた場面だったかな。

… 欠場したヘクターについて

ヨナスに関しては気をつけておかないとね。土曜日にいけるか見極めることになるよ。万全じゃない状態でプレーするなら、それは数週間離脱するリスクを抱えるということになる。


MF:ヤニック・ゲルハルト(ケルン)

モデストが頭部を蹴られた場面については、特に相手選手を非難することはできない。背中向きで、クリアをしようとしていたのだから。




kicker.de

両チームの先発フォーメーション




写真で見る:インゴルシュタットvsケルン

FC Ingolstadt 04 - 1. FC Köln 1:1