ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年03月03日

コメント、写真:ホッフェンハイム2−1アウグスブルク

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加





得点
1−0 フォランド(25分、オクス)

1−1 フェルハーフ(40分PK、)

2−1 ウート(81分、クラマリッチ)




試合後コメント

ホッフェンハイム監督:ユリアン・ナーゲルスマン

うまく試合に入ることができた。PKからはしかし、プレーが崩れてしまったよ。後半では少し下り目にプレーした。後半に関しては及第点だね。16位との差を詰められれば何よりだったのだが、選手たちのパフォーマンスには大きな賛辞を贈るゔょ。ドルトムント戦での敗戦直後ということもあり、心理的に決してやりやすい試合ではなかった。そしてミスジャッジによってPKで同点とされたという気持ちの中で、それから彼らはうまく盛り返して勝利をつかんでくれたよ。あの時はなんだったのかわからなかったが、あとで審判からハンドという説明を聞いた。

… ウートの得点について

本当に難しいシュートを決めてくれたと思う。今は彼は楽なたたちで練習にとても打ちこめているし、喜びがピッチにあふれてるね。得点力があり、チームのために精力的にプレーしてくれる選手でもある。そういった取り組みが報われたのさ。

… シュトゥットガルト戦に向けて

重要な試合だ。また勝ち点3を得るチャンスだし、そのために頑張っていきたいと思う。ダービーでもあるから、気持ちがぶつかりあう戦いとなるね。最近はシュトゥットガルトは非常に好調だったが、ここにきて2連敗している。決していい状況ではないだろう。彼らがどうもってくるのか見てよう。フォランドが、その突破口を開くかもしれないよ。彼のパフォーマンスには満足している。素晴らしいチームプレイヤーだし、彼が得点を決めてとても嬉しいね。最近の彼のパフォーマンスは本当にいいと思う。とてもチームのために精力的に取り組んでいるし、がむしゃらで、ボールをうまくキープして、そして相手に意識させながらファウルを誘発させたりと、本当にうまくやっているよ。ただドルトムント戦でもアウグスブルク戦でも、開始早々にチャンスは掴んではいたんだけどね。

ホッフェンハイムFW:マルク・ウート

主力になるということ、チームにとって重要な選手になるという目標を掲げてきた。それが最初は苦労にすることになったけど、でもこれもサッカーだよ。物事は早く動くもの。監督はマインツ戦でチャンスをくれたし、僕はそれを活かして期待に応えた。今は楽しいね。うまく物事が運んでいる感じだよ。シュトゥットガルト戦でも勝ち点3を獲得したい。このままいけば心配する必要なんてないと思うね。


アウグスブルク監督:マルクス・ヴァインツィール

うまく試合を行うことができなかった。フレッシュな状態ではないのが見て取れたことだろう。ここ数週間はあまりに多くの試合をこなしてきたし、負傷者にも見舞われた。辛い敗戦だ。

アウグスブルクGK:マルヴィン・ヒッツ

後半のプレーはあまりに物足りないものだったよ。敗戦にふさわしくなかったということはない。思っていたことを実践できていなかった。決勝点の場面では、センタリングを防ぐことができず、ああいう形できては防ぐのは困難だよ。

アウグスブルクDF:ドミニク・コール

ホッフェンハイムは試合開始当初からフレッシュという感じだった。少しメンタル的な部分もあるのかもしれない。グラードバッハ戦では、僕たちは最初から試合に入っていけてたのに、今回はそうではなかった。ホッフェンハイムは勝利をとにかく目指していたし、僕たちの方が少し不足していた部分があったよ。週末の試合で全力を尽くすということ。レバークーゼンからホームで勝ち点3を確保するためにね。






kicker.de

両チームの先発フォーメーション




写真で見る:ホッフェンハイムvsアウグスブルク

TSG Hoffenheim - FC Augsburg 2:1


  • ブンデスリーガ・各チーム情報