ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年03月03日

シュレーダー氏がハイデル氏の後任に

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

schroeder800-1456912673

決定までには思ったよりも時間がかかったが既報通り、マインツは来季よりシャルケに移籍するクリスチャン・ハイデル氏の後任として、ルーヴェン・シュレーダー氏の就任を発表した。


マインツのシュトルツ会長は「希望していたルーヴェン・シュレーダーを、これからすぐにチームへ迎え入れられることを嬉しく思うよ」と喜びを語っている。


ブレーメンにて2年間SDを務めた同氏は、契約を2017年まで残していたものの、他クラブにて首脳陣に入るチャンスがあるということで、既にアイヒン氏から移籍を容認されていた。


そしてあとはクラブ間での交渉が残されていることを、先日シュトゥルツ会長は明かしていたのだが、それが実を結び今回の発表へと至っている。


ちなみにハイデル氏のシャルケでの契約は来季からだが、シュレーダー氏は即座にマインツへと加入し、これからハイデル氏より引き継ぎを受けることとなった。