Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年03月07日

第25節:マインツ 0−0 ダルムシュタット

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マン・オブ・ザ・マッチ

レオン・バログン(マインツ)




得点

なし





試合後コメント

監督:マルティン・シュミット(マインツ)
いい立ち上がりを見せたし、いい戦いを見せていた。0−0で試合を折り返したことには、不満は感じていないよ。後半からはこの試合で一番いいところを見せていたというのに、そこで退場処分が出てしまった。ただ選手たちについては、誇りに思っているよ。

… ワグナーに対するファウルでドナティが退場

彼はトスカーナ地方の激しい気性をもっているしね。まぁ理解はできるものさ。ワグナーは少しの間動けなかったけど、でもすぐにまた元気になっていたね。


MF:ファビアン・フライ(マインツ)

泥臭い試合だったとまではいわないけど、でも予想通りの戦いとなったね。最終的には勝ち点を得られたし、悪くはないと思う。今週1週間で、勝ち点7を獲得することができたんだ。ダルムシュタットはとにかくリズムを崩してきたし、ファウルも被ファウルも繰り返していた。それが彼らのスタイルだし、なにもおかしいことでもない。僕たちもうまくそれに対抗していたとは思うよ。バイエルンとの違いはもちろん頭の中には入っていたから、そこまで難しかったというわけではないけどね。バイエルン戦で勝利を収めて、ホームで試合をするということは十分にモチベーションの上がることだ。他の人たちが何と言おうがね。順位表を見ると、笑みが出てきてしまう(笑。ただ過大評価はしていないよ。監督は常に己を知れと口にしているし、実際にそうだ。もちろん順位に関しては楽しむし、そうじゃないといえばうそになる。でもそれで冷静さを失うようなことはないさ。ダルムシュタット戦でも課題は見て取れているし、そう簡単に勝ち点が得られないことも経験している。だからこれからも取り組み続けていくことへ、熱くなれるんだよ。どこまでいけるか、楽しみだね。


監督:ダーク・シュスター(ダルムシュタット)

観衆は魅力ある、闘争心あふれる試合を目にしたと思う。両チームとも決して気を緩めることなく、最後まで勝ち点を狙って戦っていた。ドローという結果は妥当だろう。


FW:サンドロ・ワグナー

ジュリオ・ドナティは、2回も僕を蹴ってきたんだ。本来なら2回レッドカードが出てもおかしくはなかったよ。





先発フォーメーションとkicker採点

マインツ 0−0 ダルムシュタット




写真で見る1. FSV Mainz 05 - SV Darmstadt 98 0:0


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker