Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年03月07日

第25節:アウグスブルク 3−3 レバークーゼン

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マン・オブ・ザ・マッチ

ク・ジャチョル(アウグスブルク)

得点


1−0 ク・ジャチョル(5分:エスヴァイン)

2−0 ク・ジャチョル(44分:フィンボガソン)

3−0 ク・ジャチョル(57分:フィンボガソン)

3−1 カリム・ベララビ(60分:メーメディ)

3−2 パウル・フェルハーフ(80分OG:ブラント)

3−3 ハカン・チャルハノール(93分PK:)





試合後コメント

監督:マルクス・ヴァインツィール(アウグスブルク)
非常に失望している。3−0から3−3とされてしまったのだから、とても辛いものだよ。心のなかで早く喜びすぎてしまった。しかしここはブンデスリーガ。3−0は何の保証にもならないんだよ。相手に希望を持たせ、そしてレバークーゼンを蘇らせてしまった。60〜70分間とてもいいプレーを見せてくれた選手たちを思うと、心が痛むよ。もうくたくたに疲れ果ててしまった。一度勝利を確信してしまったのだろう。そしてレバークーゼンのようなクラブは、すぐにそこでリアクションを見せる。特にあんなにも1−3とされては・・・。

MF:ク・ジャチョル

… ハットトリック

勝利を収めるほうがよかったよ。この試合のことは、早く忘れないとね

マネージャー:シュテファン・ロイター(アウグスブルク)

もしも3−2で勝利していたのなら、クを担ぎ上げて喜んだだろうが。

主将:パウル・フェルハーフ(アウグスブルク)

ク自身も喜んではいないだろうね。ちょっと悲しいよ。


監督:マルクス・クレーシェ(レバークーゼン)
結果をみれば、とても満足しなくてはならないさ。前半はとても難しい状況だったよ。我々じゃもい1度力のかぎりを尽くしたかったし、選手たちは素晴らしい闘志を見せてくれたよ。ただ祝福の言葉しかない。後半は素晴らしい、気持ちの入ったパフォーマンスだった。シュミット監督が遠征に帯同しなかったことは、我々に対する、大きな信頼の表れだ。

MF:カリム・ベララビ

後半では、僕たちは闘争心を見せられたね。この勝ち点には満足しなくてはならないよ。






先発フォーメーションとkicker採点

アウグスブルク 3−3 レバークーゼン




写真で見るFC Augsburg - Bayer 04 Leverkusen 3:3


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker