ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年03月07日

第25節:ケルン 1−3 シャルケ

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マン・オブ・ザ・マッチ

ラルフ・フェアマン(シャルケ)

得点

0−1 クラース・ヤン・フンテラール(2分PK:ホイビェリ)

0−2 マックス・マイヤー(24分:ホイビェリ)

1−2 レオナルド・ビッテンコート(33分:ムラデノヴィッチ)

1−3 フランコ・ディ・サント(76分:アオゴ)





試合後コメント

監督:ペーター・シュテーガー(ケルン)
素晴らしいプレーをピッチ上で目にすることができた。アグレッシブさ、精力的な走り、そしてプレーでのアイデアはよかった。ただチャンスを活かすというところがね。非常に多くのチャンスを得ながらも、それを使うことができなかったよ。それではシャルケのようなクラブから勝利は収められないさ。

GK:ティモ・ホルン(ケルン)

3試合分くらいのチャンスがあったんじゃないか?

CB:ドミニク・マロー(ケルン)

ホイビェリがうまく僕の上をループして、それでフリーでシュートを打たれてしまうと思った。ただあの止め方は間違いだったよ。もちろんあれはPKさ。チームにとにかく申し訳なく思う。あれを消化するのは難しかったからね。ここのところはあまりチームとして成功を収めていないし。それから2点目を取られたけど、でも変に聞こえるかもしれないが、僕たちはリードするだけの十分なチャンスがあったんだ。これほどまでに、このスタジアムでチャンスを獲得していたことがあっただろうか。でも下にいるとこんなものだね。オフェンスでうまくいかなければ、点を入れられてしまうよ。シャルケはチャンスを遠慮なく生かしていたし、最終的にはそれが違いとなってしまった。勝ち点は、僕たちは得るチャンスはあったと思いけど、でも0に終わってしまったよ。ハノーファー戦で勝ち点を得なくてはいけないし、冷静さを失ってはいけない。とにかく僕たちは難しい時期にいる。ただ僕は、累積警告で出場停止になってしまった。この試合まで良い感じでこれていたし、そもそも後半戦では良い感じだったんだけど。でもこういう日もあるということさ。


監督:アンドレ・ブライテンライター(シャルケ)
前半は観衆にとっては、非常に魅力的な試合だった。監督の立場では、かなりお寒い内容だったけどね。ハーフタイムで明確にメッセージを伝え、後半戦では良くなっていたよ。もちろん選手たちがリアクションを見せてくれたことには満足さ。フェアマンは今日は本当にすばらしかった。見事に持ちこたえて見せたよ。

マネージャー:ホルスト・ヘルト(シャルケ)

4−4という結果だってあり得ただろう

GK:ラルフ・フェアマン(シャルケ)

ただ僕たちは、ディフェンスでは相手にあまりに自由を与えていたし、オフェンスではチャンスを活かせていなかった。苦しい試合だったよね。

… CL出場権への争いは続く

でも愚痴なんて言わないよ。ようやく僕たちは勝利したしね。

… 代表へアピールするためには?

(ウィンクしながら)そうだね、0点におさえることじゃないかな。

FW:クラース・ヤン・フンテラール(シャルケ)

… PKの決定率は高く無いが、それでも蹴った

蹴る以上は外すことだってある。でも蹴らなければ外すことも決めることもないさ。






先発フォーメーションとkicker採点

ケルン 1−3 シャルケ




写真で見る

1. FC Köln - FC Schalke 04 1:3


  • ブンデスリーガ・各チーム情報