ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年03月13日

ホッフェンハイム 1−0 ヴォルフスブルク

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

得点

1−0 (3分、クラマリッチ)





ホッフェンハイムvsヴォルフスブルク(先発フォーメーション)

監督コメント

監督:ユリアン・ナーゲルスマン(ホッフェンハイム)

基本的には、前半に関してとても満足している。いい形で試合に入り、早いうちにリードしたことでリラックスすることができたよ。ただそれからは、時間を経過するごとにロストしてしまっていたね。PKに関しては、試合を落ち着かせる大きなチャンスだったのだが

… デビューしたキャヌースについて

トップチームの練習に呼ばれ、メンバーに入り、試合に出場するというのは決して容易なことではなかっただろう。最初としては詰め込み過ぎていたかもしれないが、しかし我々はあえてそうしたいと思った。うまくやってくれたし、対人戦ではすべてで勝利していたよ。これまでの取り組みをみれば、この機会を得るのにふさわしいさ。楽しんでこいといって送り出したよ。今後については様子見となる。それはすべてのU23の選手にいえることだ

 

CB:ニクラス・ズーレ(ホッフェンハイム)

… ユース選手がどんどん上がってくる

本当にすごいと思うね。これがホッフェンハイムが進んでいる道だし、徐々にそれは実を結んできていると思うよ。

監督:ディーター・ヘッキング(ヴォルフスブルク)

敗者としてピッチを後にするのにふさわしいさ。とにかく悪いプレーを見せてしまったよ。眠ってしまっていたね。だらしないパスゲームだった。最期の30分間では、どうにかやり返そうとはしていたけれど。試合を優位には進めていたが、しかしこれといった得点チャンスはなかったね。


FW:アンドレ・シュールレ(ヴォルフスブルク)

試合に入るのもキープするのも難しかった。パスミスが多すぎたよ。そして失点までしてしまい、最後まで抵抗はしたけど、でもそこそこのチャンス程度しか掴めなかったね。最終的にはオフェンス面で物足りない結果となったよ。今は現実的になって、仕切り直しをすべきだろう。3位との勝ち点差が8というのは、とても辛いものだ。大事な対人戦をおざなりにしてしまったし、勝ち点を得られるようなコントロールもポゼッションもできていなかった。それと創造性も少し不足していた。僕自身は全力を尽くしているけど、でも少し負傷の影響はある。ただ言い訳にするつもりはない。





写真でみるホッフェンハイムvsヴォルフスブルク

TSG Hoffenheim - VfL Wolfsburg 1:0


  • ブンデスリーガ・各チーム情報