ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年03月13日

バイエルン 5−0 ブレーメン

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

得点

1−0 ティアゴ(9分、コマン)

2−0 トーマス・ミュラー(31分、コマン)

3−0 トーマス・ミュラー(66分、リベリ)

4−0 ロベルト・レヴァンドフスキ(86分、)

5−0 ティアゴ(90分、コマン)




バイエルンvsブレーメン(先発フォーメーション)

監督コメント

監督:ペップ・グアルディオラ(バイエルン)

いいプレーができた。これが私にとって、何よりものことだ。私は監督であり、ファンでもある。いい試合が観れて嬉しく思うよ。マインツ戦での敗戦のあとで、ホームでリーグ優勝への意欲を見せることは重要だった。10人で守られることへの難しさは想像できないだろう。だからこそ私は選手たちに賛辞を送りたい。これからはユベントスとの決戦に臨むよ

 

MF:マリオ・ゲッツェ(バイエルン)

本当に久しぶりだったね。復帰して、問題がないことを嬉しく思うよ。それが何よりも重要なことだ。落ち着いて取り組む必要があるし、リズムを見つけていかないと。交代はちょっと疲れたところがあったし、ヒジに違和感を感じてね。でも大したことはないと思う。

CEO:カール=ハインツ・ルメニゲ(バイエルン)

… DFBスポーツ裁判所のロレンツ所長が「バイエルンは出場停止によって最も楽な戦いをしている」と発言

この発言は、バイエルンに対する侮辱とも取れるよ。 私の理解では、裁判官は平等にあるべきだし、DFBスポーツ裁判所の人間は、第3者として中立に物事を口にしないと。ロレンツ氏はバイエルンのことを口にするときには注意してもらいたいね。たとえ間接的な発言であったとしても。

監督:ヴィクトル・スクリプニク(ブレーメン)

バイエルンが非常に勝利にふさわしい試合だった。あんなにボールを追いかけるようではいけない、もっとちゃんとキープできないと。それがあまりできなかったよ。あんなに簡単に得点を許してはならないのだが、しかしバイエルンだしね。バイエルンにとってうまく事が運ぶ日があれば、あとは難しくなってしまうばかりだよ

 

マネージャー:トーマス・アイヒン(ブレーメン)

出場停止の2選手がいたら?それでうまくいっていたかまでは言えないね。バイエルンはTVゲームのように、キープ力が卓越したクラブだ。今日は間延びさせることができなったよ。ただここで大敗したチームはいくらでも見ているがね。彼らがうまくチャンスを活かしては難しくなってしまうものさ。失点については残念に思うし、ガルベスのミスはやってはいけないもの。得失点差もあるしね。ただ何人かの選手は良かったと思う。ヤタバレとか。今回の敗戦が大ダメージを与えるということはない。他のチームならまだしも、バイエルンだったんだから。彼らが本領を発揮してしまえばどうなるのか、それを目の当たりんする結果となったよ。






写真でみるバイエルンvsブレーメン

Bayern München - Werder Bremen 5:0


  • ブンデスリーガ・各チーム情報