Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年03月19日

シャルケ 2−1 グラードバッハ

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

得点

1−0 マルティン・ヒンターエッガー(59分OG、)

1−1 アンドレアス・クリステンセン(79分、シュティンドル)

1−2 レオン・ゴレツカ(83分、サネ)




先発フォーメーションシャルケ2−1グラードバッハ




試合後コメント

監督:アンドレ・ブライテンライター(シャルケ)

非常に幸運な勝利だ。グラードバッハのオフェンス力に対応するために、4・5のシステムを採用したよ。ラルフ・フェアマンが見せていた好セーブの連発は、信じがたいほどのものだったよ。ワールドクラスだった。彼が非常に大きな支えとなってくれていたね。我々は重要な対人戦で勝てず、グラードバッハに容易にチャンスをつかませてしまっていたよ。


GK:ラルフ・フェアマン(シャルケ)

… 好セーブを連発

こういうことのために、サッカーをやっているんだ

… 苦戦しての幸運な勝利

それは二の次だよ

… ドイツ代表に召集されなかった

代表入りは1つの夢なんだけどね。残念だよ。でも諦めるようなシグナルをみせる必要もない。これからも全力で臨んで、自分の力を常に発揮していくということ。それでいつかはジャンプアップできるときがくるかもしれないよ。


監督:アンドレ・シューベルト(グラードバッハ)

電光掲示板には2−1でシャルケの勝利となっているのだが、しかし我々は特に前半では、酔いしれてしまうようなプレーを見せていたというのにね。本当にとてもいいプレーだった。チームに対して誇りに思っている。素晴らしいプレーを見せてくれたよ。この結果には非常に苛立ちを覚えるし、奇妙な感覚さえ感じるよ。シャルケがそこまでのプレーができていなかったことを思えば、これは我々にとって辛い結果だ。しかしこれもまた、サッカーなんだよ。


MF:グラニート・シャカ(グラードバッハ)

… 試合を優位にすすめながらも敗戦

これは自分たちの責任だ。試合を通じて僕たちの方が上だったことは、誰の目にも明らかだったはずだ。シャルケは2度のチャンスを活かせて、ラッキーだと思っていることだろう。特にゴレツカのゴールは、この日のシャルケを象徴していた。いったいこれ以上にどう良くすればよかったのか。誰か教えてくれ。ラルフ・フェアマンにとって最高の1日となった。彼は止められるもの全てを止めていたよ。


SD:マックス・エベール(グラードバッハ)

これほどまで試合を支配するのも珍しかったんだがね。強豪チームを相手に、アウェイ戦でこれほどの戦いを演じてみせたんだ。ポジティブな面でもあるよ。このようなパフォーマンスを残りの戦いで見せられれば、勝ち点を重ねていくことはできるさ。

 

FW:アンドレ・ハーン(グラードバッハ)

結果については、まったく別のものを想像していたよ。ただそれでも長期離脱から復帰したのだから、良い気分ではあるさ。今季でベストの戦いを見せたように思うし、とても多くの得点チャンスも作り出していた。こんな試合は経験したことがなかったし、これから二度と味わいたくはないものだね。僕個人の目標としては、これから実戦経験を積んでいくということ。チームとしては欧州の舞台に立てるように戦っていくよ。次のベルリン戦で勝利を収めるかどうかはとても重要だ。




写真で見る

FC Schalke 04 - Bor. Mönchengladbach 2:1


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker