Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年03月21日

アウグスブルク 1-2 ドルトムント

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

得点

1−0 アルフレッド・フィンボガソン(16分、カイウビー)

1-1 ヘンリク・ミキタリアン(45分、シャヒン)

1-2 ゴンザロ・カストロ(69分、ラモス)

1-3 アドリアン・ラモス(75分、)




先発フォーメーション アウグスブルク 1-2 ドルトムント




香川真司:〜62分

シュート数:0

アシスト性のパス:0

走行距離:7.87km

タッチ数:47

パス成功率:36/40(90%)

対人戦勝率:25%




試合後コメント

監督:マークス・ヴァインツィール(アウグスブルク)

今季はジェットコースターのようだ。最初のうちは低調で、その後に上昇し、そして今はまた低調だ。ただジェットコースターなのだから、また上に上がるよ。これから勝ち点を取ったきたクラブとの対戦なのだから。ドルトムントに対するプランは良かった。ただ開始40分までのような集中したプレーを試合を通じて行えていれば、もうちょっと可能性もあったかもしれないのだが。前半終了間際に同点にされたのは痛かったよ。これがワールドクラスのチームによる失点というものだ。代表戦期間明けには徐々に負傷選手も戻ってくるだろう。それを楽しみにしているし、残り7試合を残留に向けて全力で戦っていくよ。

GK:アレクサンダー・マニンガー(アウグスブルク)

久々の出場だったけど、でもチームには数年在籍しているから、少しやりやすいところはあっただろうね。ただ試合に負けたから、喜びはそこまで大きなものではないけど。この中断期間を利用して、ここ数週間のことをうまく調整していかないと。


監督:トーマス・トゥヘル(ドルトムント)

負担が残っていることは見て取れたのではないか。疲れの中でもプレーを余儀なくされた。難しい試合だったね。前半終了前に同点とできたことは重要だった。それからは少し楽にプレーしていたよ。素晴らしいメンタリティと勝利への意欲を見せていた。これから休養に入るのは嬉しい。

MF:ヘンリク・ミキタリアン(ドルトムント)

… 前半終了間際に同点弾

後半ではもう1点取りたかった。でもそれがうまくいかなかったからね、不満は残っているよ。




写真で見る

bvb-1458494918


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker