ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年04月11日

【コメント、結果】シャルケ2−2ドルトムント

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FC Schalke 04 v Borussia Dortmund - Bundesliga

シャルケ2−2ドルトムント

得点

0−1:香川真司(49分、ライトナー)

1−1:リロイ・サネ(51分、カイサラ)

2−1:マティアス・ギンター(56分、ミキタリアン)

2−2:クラース・ヤン・フンテラール(66分PK、フンテラール)





試合後コメント

監督:アンドレ・ブライテンライター(シャルケ)

2度リードを許してしまったのだが、2度とも追いつくことができた。闘争心を見せていたね。終盤では決勝点をあげるチャンスもあったよ。だから満足だ。これほどのクラブから勝ち点を得ることはあまり期待されていなかっただろう。コーチ陣や選手たちには厳しい言葉があびせられているが。

監督:トーマス・トゥヘル(ドルトムント)

時間がかかるのはいつものことだ。それからは試合を支配していたし、後半では明らかに我々の方が良かったよ。2度リードを奪うことができたしね。とてもいいプレーを見せていた。先発メンバーは早いうちに決まっていたよ。





スクリーンショット 2016-04-11 15.36.09 スクリーンショット 2016-04-11 15.36.20