Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年04月14日

お得意様シュトゥットガルトで更に前進したいアウグスブルク

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

VfB Stuttgart - FC Augsburg 0:4

現在シュトゥットガルト戦では6連勝中と、非常に相性がいいアウグスブルク。前半戦でも、最下位に沈む苦しい状況から4−0と大勝を収め、その後息を吹き返す結果となった。


それからアウグスブルクと入れ替わるようにして、前半戦では最下位に転じたシュトゥットガルトだったが、監督交代から息を吹き返し、現在は勝ち点33をマーク。アウグスブルクとの勝ち点差を3として12位につけている。


マネージャーのロイター氏は、クラムニー監督となってから「より安定しており、最近はとても良い」と評価。


一方でアウグスブルクは、前節に行われたブレーメンとの残留を争う直接対決で勝利を収めており、これによりロイター氏は「もっと安定感を持ってくれることを願っている」と希望を述べ、「できればシュトゥットガルト戦につなげていってもらいたいね」と期待感を示した。


ドゥット氏「ハンターの精神で」


一方のシュトゥットガルトでマネージャーを務めるドゥット氏は、「今の我々は良い立ち位置につけているし、さらに歩みを進めていきたいね」とコメント。特にこの1年間では「上を目指すハンターの精神の時にたくましくなった」との見方を示し、「追われる気分になるのではない。積極的に上をめざしていく」と意気込みを見せている。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker