Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年04月15日

敵としてはじめてハノーファーに乗り込む元キャプテン

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Gelsenkirchen Lars Stindl Borussia Moenchengladbach 18 03 2016 Fussball 1 Bundesliga

MFラース・シュティンドルにとって、金曜日の試合は5シーズンに渡りホームスタジアムとしてプレーした、HDIアレナでの試合だ。昨シーズンでは主将も務めた同選手は、ハノーファーではリーグ戦131試合に出場し19得点21アシストをマーク。ヨーロッパリーグの出場や、残留達成など様々な経験をしている。


だが移籍した今シーズンは、「正しい決断だった」と振り返るようにグラードバッハで主力を務め、チャンピオンズリーグ出場を果たすなど飛躍を遂げたシュティンドルに対し、一方のハノーファーについては「こんな方向に向かうなんて」と述べるとおり、残り5試合で入れ替え戦となる16位ブレーメンまでの勝ち点差は10。この1年で3度の監督交代を行い、2部降格へもう後がない状況へと追い込まれているところだ。


一方でハノーファーで守護神を務めるロン=ロベルト・ツィーラーは、シュテンドル暫定監督の下で初めて戦った前節の3位ヘルタ・ベルリン戦を振り返り、「監督交代では常に新しいものがもたらされるものだけど、彼はとにかく前向きに物事に取り組み、多くのことを選手達に求め、そしてポジティブな雰囲気を作り上げていこうとしている」と評価。「ベルリン戦では、これまで追いかける展開になると不安定になっていたのに対し、あのときはいいシグナルを送っていた」と述べ、「時間を戻すことはできない。い。今は前を向き、ブンデス1部にふさわしいという戦いを見せていきたい」と意気込みを見せた。




先発予想


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker