ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年04月20日

【結果、コメント】バイエルン2−0ブレーメン

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

jubel800-1461093426


得点

1−0:T. ミュラー(30分、アロンソ)
2−0:T. ミュラー (71分PK、ビダル)




試合後コメント

監督:ペップ・グアルディオラ(バイエルン)

これが準決勝だ。ブレーメンがとても難しい相手であることはわかっていたよ。彼らはとても意欲的にプレーしていたね。今日は三冠を口にするのにいい頃合いではない。次はベルリンのことを考える。


監督:ヴィクトル・スクリプニク(ブレーメン)

いいサッカーを見せられる、それを結構みせられたと思うよ。今回のパフォーマンスについては誇りに思っている。成功を手にするチャンスもあっただろう。PKに関してはありえないことはないが、絶対といえるほどのものでもなかった。


MF:トーマス・ミュラー(バイエルン)

タフな試合だった。あまりにミスが多すぎたし、満足はできないね。ただもちろん決勝に行けることについては嬉しく思っている。僕たちはチームとして良いメンタリティを持ったチームだ。あれはPKじゃないよ。

Arturo Vidal hebt gegen Janek Sternberg ab

MF:フィン・バルテルス(ブレーメン)

主審には試合中に、あれは笛を吹く必要はなかったよと言ったんだ。ただもちろんタッチはしていたし、吹かれる可能性のあるものではあったけれどね。

主将:クレメンス・フリッツ(ブレーメン)

僕はあれはダイブだと思う。僕たちはいい感じできていた時にあんなことになるなんて、残念だ。僕たちは意欲的にプレーしていたし、もっといけるという感じではあったんだけど。

主審:トビアス・シュティーラー

申し訳ない。あまりにも早かった。たしかにいいポジションに立ってはいたし、コンタクトがあったのはみえた。でもあれは違った。

FW:クラウディオ・ピサーロ(ブレーメン)

あれは絶対に違う。それは確かだ。こういうことが試合を決定づけ亭します。審判にはうまく対応してもらいたい。決勝戦に行きたかったからね。残念だよ。ポカールでは僕たちはとてもいい戦いをみせた。もしも今日のような戦いを土曜日でも続けるなら、ブンデス1部残留は果たせると思うね。北部ダービーではどんな可能性だってある。このままプレーし、戦い続けるならば、勝利をつかむことだってできるさ。ただ金曜日に試合がひかえていることについては少しアンラッキーだけれどもね。





スクリーンショット 2016-04-20 0.21.06 スクリーンショット 2016-04-20 0.21.16