ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年04月26日

アトレチコ戦でのバイエルンの先発メンバーは?

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

boateng8-1461594958

2月まで数多くの負傷者を抱えていたバイエルン・ミュンヘン。しかし現在は、バートシュトゥーバーが今季絶望、ロッベンはまだ復帰時期が見えていないのみという状況だ。


今季のバイエルンは、苦しい台所事情でも勝利を重ねてきた。三冠達成した2013年ほどの破壊力はなくとも、DFBポカール準決勝ブレーメン戦で2−0で勝利、その後のヘルタ・ベルリン戦は、先発7人を温存して、こちらも2−0で勝利を収めている。


アトレチコ戦に向けて体力を温存し、「あらゆる点で、うまく調整していかなくてはならない」そう語るのは、マドリードダービーでアトレチコ戦をよく知るシャビ・アロンソだ。


では果たして、どのようなメンバーをグアルディオラ監督は送り出して来るのだろうか。


DFに関してはラーム、アラバ、マルティネスは確定だろう。4番目の場所は?キミヒをCBとして起用するならば、アラバを左SBとして起用することができる。だがアラバをCBとして起用したいのであれば、左にベルナトと配置にすることになるだろう。または負傷から復帰したばかりのボアテングのサプライズ起用?あまり可能性は高くはないが、しかし全くないとまでは言い切れない。


しかし3ヶ月の離脱から実戦経験のないドイツ代表の起用はリスクを伴うことも確かで、おそらくは週末のグラードバッハ戦での起用ということになるはずだ。ハビ・マルティネスは「ボアテングはとても重要な選手だ。今は昨年よりも負傷選手は多くない状況にある。僕たちには全ての選手が必要なんだ」とコメント。


中盤についてはビダルは固定。そのパートナーの座を、アロンソとティアゴが争うことになるが、もしくは両選手とも起用?そうなればレヴァンドフスキかミュラーがベンチに座ることになる。中盤をコンパクトに構え、前線での破壊力を軽減させる策にでるか?


ウィングに関しては、リベリとダグラス・コスタが優位か。コマンはジョーカーとして、チームに刺激をもたらす可能性があるだろう。





アトレチコ・マドリー
オブラク – フアンフラン, ヒメネス, ルーカス, フェリペ・ルイス – コケ, ガビ, アウグスト, サウル・ニグエス – グリーズマン, フェルナンド・トレス
バイエルン・ミュンヘン
ノイアー – ラーム, キミヒ, ハビ・マルティネス, アラバ – シャビ・アロンソ – ダグラス・コスタ, T. ミュラー, ビダル, F. リベリ -レヴァンドフスキ


  • ブンデスリーガ・各チーム情報