Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年04月30日

第32節:アウグスブルクvsケルン

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スクリーンショット 2016-05-01 21.37.47

スクリーンショット 2016-04-29 22.26.25スクリーンショット 2016-04-29 22.26.44

スクリーンショット 2016-05-01 16.24.44
king




試合後監督コメント

監督:マルクス・ヴァインツィール(アウグスブルク)

あのハンドの場面については、当然ながら審判はPKを与えるべきだった。すぐに我々はハンドだとわかったし、仮に主審が見えにくかったとしても、線審は見ていなくてはならなかったと思う。勝利を収めたかった。ただチャンスに関してはそこまで多くは得られていなかったし勝ち点に関してはOKとできるさ。


監督:ペーター・シュテーガー(ケルン)

アウグスブルクにとっては非常に大きなものがかかっていたし、それは試合でもみてとることができたよ。そこまでリスクをかけてくるというわけではなかったね。0-0というのは、我々にはオーケーだと思う。アウェイ2試合で2勝をし、ここで1ドローというのは悪くはないさ。





得点

なし





大迫勇也:〜45分、

シュート数:0

アシスト性のパス:0

走行距離:5.84km

タッチ数:22

パス成功率:11/15(73%)

対人戦勝率:22%


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker