Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年05月07日

開始前にチェック!降格の可能性がある7クラブの展望

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

abstiegskampf-800-1462364579

自力での残留確定のボーダーラインは40。ただし得失点差ながら、勝ち点39でもほぼ確定する。なおハンブルガーSVには酒井高徳が、アイントラハト・フランクフルトには長谷部誠が在籍。




11位:ハンブルガーSV (勝ち点38、得失−7)

33節 vs ヴォルフスブルク(10位)

最終節 vs アウグスブルク(12位)


12位:FCアウグスブルク(勝ち点37、得失−8)

33節 vs シャルケ(6位)※CL出場の可能性

最終節 vs ハンブルク(11位)


13位:TSGホッフェンハイム(勝ち点37、得失−11

33節 vs ハノーファー(18位)※2部降格決定

最終節 vs シャルケ(6位)


14位:SVダルムシュタット98(勝ち点35、得失、得失−14

33節 vs ヘルタ・ベルリン(5位)※CL出場の可能性

最終節 vs  グラードバッハ(4位)


15位:ヴェルダー・ブレーメン(勝ち点34、得失−16

33節 vs ケルン(8位)※EL出場の可能性

最終節 vs フランクフルト(16位)


入替え戦:アイントラハト・フランクフルト(勝ち点33、得失−18

33節 vs ドルトムント(2位)※僅かながら逆転優勝の可能性

最終節 vs ブレーメン(15位)


自動降格:VfBシュトゥットガルト(勝ち点33、得失−21

33節 vs マインツ(7位)※EL出場の確保

最終節 vs ヴォルフスブルク(10位)

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker