Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年05月08日

第33節:シュトゥットガルト1−3マインツ

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スクリーンショット 2016-05-09 11.43.33

スクリーンショット 2016-05-07 16.25.50スクリーンショット 2016-05-07 14.59.56


得点

1−0:クリスチャン・ゲントナー(6分、ハイゼ)

1−1:ユヌス・マリ(37分、オニシウォ)

1−2:ジョン・コルドバ(53分、フライ)

1−3:カリム・オニシウォ(77分、コルドバ)





マン・オブ・ザ・マッチ

カリム・オニシウォ





試合後コメント

監督:ユルゲン・クラムニー(シュトゥットガルト)
非常に辛い出来事だ。本当にとてもね。いい形で試合に入れたし、それからいい時間帯があったんだ。だが同点にされていた場面については、完全に規律を失っていたよ。そういう部分が出てしまったね。オフェンシブに行きたかったんだが。1−2となってショックを受けてしまったよ。それからは、マインツからいくつかのカウンターを受けてしまったね。ただまだシーズンは終わっていないよ。難しいがね。奇跡が必要だ。最後の最後まで、我々は戦い続けるよ。


監督:マルティン・シュミット(マインツ)
早々に追いかける展開となってしまったのだが、しかし頭をクリアにしてプレーできるというところを見せられたね。残留を争うために戦いを挑むチームに対して、自分たちをうまく合わせていく必要があったよ。20〜25分経ってからは、自分たちの方へと試合を持ち込めたし、同点にできたことが好影響をもたらしてくれた。相手がリスクをおかしてプレーをし、そしてカウンターを待ち構えていたのだが、うちには良いゴールキーパーがいてね、彼が立ちはだかってくれたんだ。今の順位を守りたいと思う。これからベルリンとの最後の戦いに臨むよ。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker