ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年05月08日

ヘルタ4連敗でCL出場絶望的に…フランクは3連勝で残留に大きく前進/ブンデス第33節

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブンデスリーガ第33節が7日に各地で行われた。


優勝に王手をかけていた首位バイエルンは敵地でインゴルシュタットと対戦。FWロベルト・レヴァンドフスキが2ゴールを挙げると、相手の反撃を1点に抑えて2-1で勝利を収め、ブンデス史上初の4連覇を達成した。


逆転優勝を目指していた日本代表MF香川真司所属の2位ドルトムントは残留を争う同MF長谷部誠所属の16位フランクフルトと対戦。長谷部のアシストからMFシュテファン・アイグナーにゴールを許すと、これが決勝点となった。敗れたドルトムントは2位が確定。一方、フランクフルトは3連勝を達成し、残留に向けて大きく前進した。


フランクフルトと残留を争う17位シュトゥットガルトは日本代表FW武藤嘉紀所属のマインツに1-3で敗戦。15位のブレーメンもFW大迫勇也所属のケルンとスコアレスドローに終わり、この結果フランクフルトが15位に浮上した。最終節ではブレーメンとフランクフルトの直接対決が行われ、フランクフルトは引き分け以上で残留が確定する。


チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得を目指す日本代表FW原口元気所属の5位ヘルタ・ベルリンは、ホームでダルムシュタットと対戦。ホーム最終戦に臨んだヘルタ・ベルリンは1点を先制したが、その後逆転を許して1-2で敗戦を喫した。これで悪夢の4連敗となり、今節勝利したマインツに抜かれ、6位に転落した。


一方、4位のボルシアMGはレヴァークーゼンとの上位対決に競り勝ち、勝ち点3を獲得。1試合を残して5位以下との勝ち点差を「3」とし、得失点差でも大きく上回っていることから、ボルシアMGのCL出場権獲得が濃厚となっている。


また、ヨーロッパリーグ(EL)に出場する3チームもほぼ確定した。EL出場権はリーグ戦5位、6位およびDFBポカール優勝チームに与えられるが、DFB杯でバイエルンとドルトムントが決勝に進出していることから、今シーズンはリーグ戦7位のチームにも出場権が与えられる。そのため勝ち点「49」で並ぶマインツ、ヘルタ・ベルリン、シャルケはCL出場を逃した場合、ELに回ることが確実となった。


■ブンデスリーガ第33節結果
ハンブルガーSV 0-1 ヴォルフスブルク
シャルケ 1-1 アウクスブルク
フランクフルト 1-0 ドルトムント
ハノーファー 1-0 ホッフェンハイム
シュトゥットガルト 1-3 マインツ
ボルシアMG 2-1 レヴァークーゼン
ケルン 0-0 ブレーメン
インゴルシュタット 1-2 バイエルン
ヘルタ・ベルリン 1-2 ダルムシュタット


■ブンデスリーガ第33節順位表
1位 バイエルン(勝ち点85/得失点61)※優勝決定
2位 ドルトムント(勝ち点77/得失点48)
3位 レヴァークーゼン(勝ち点57/得失点15)
4位 ボルシアMG(勝ち点52/得失点15)
==========CL==========
5位 マインツ(勝ち点49/得失点4)
6位 ヘルタ・ベルリン(勝ち点49/得失点0)
==========EL==========
7位 シャルケ(勝ち点49/得失点-1)
8位 ヴォルフスブルク(勝ち点42/得失点-4)
9位 ケルン(勝ち点42/得失点-4)
10位 インゴルシュタット(勝ち点40/得失点-8)
11位 アウクスブルク(勝ち点38/得失点-8)
12位 ハンブルガーSV(勝ち点38/得失点-8)
13位 ダルムシュタット(勝ち点38/得失点-12)
14位 ホッフェンハイム(勝ち点37/得失点-12)
15位 フランクフルト(勝ち点36/得失点-17)
16位 ブレーメン(勝ち点35/得失点-16) 昇降格入れ替え戦
==========降格==========
17位 シュトゥットガルト(勝ち点33/得失点-23)
18位 ハノーファー(勝ち点25/得失点-29)※降格決定


■最終節対戦カード(5月14日)
マインツ vs ヘルタ・ベルリン
ヴォルフスブルク vs シュトゥットガルト
バイエルン vs ハノーファー
ブレーメン vs フランクフルト
ホッフェンハイム vs シャルケ
ドルトムント vs ケルン
レヴァークーゼン vs インゴルシュタット
ダルムシュタット vs ボルシアMG
アウクスブルク vs ハンブルガーSV


king


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報