Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年07月29日

「移籍期間は6月末まで」…主力引き抜かれた独クラブ指揮官が新ルールを提言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブンデスリーガクラブで指揮を執る2人の監督が、移籍期間の変更を提言している。


ヴォルフスブルクでは、すでにドイツ代表MFアンドレ・シュールレが、日本代表MF香川真司所属のドルトムントへ移ることが決まり、また昨シーズン中から元ブラジル代表MFルイス・グスタヴォとスイス代表DFリカルド・ロドリゲスにも移籍の噂が流れ、さらにユーロ2016本大会中はドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーの周辺も騒がしかった。7月中旬以降になり、3選手に関する報道はやや沈静化したが、ヴォルフスブルクは市場閉幕までの残り1カ月を、不安を抱えたまま過ごさなければならない。


しかし、ブンデスリーガクラブの多くは6月下旬~7月上旬から、新シーズンに向けてのチーム作りを開始しており、ヴォルフスブルクも例外ではない。「せっかく始動しても、選手が抜けてはたまらない」――ドイツ紙『ビルト』にそう話すのは、同クラブのディーター・ヘッキング監督だ。


「『リーグ戦の最終節から6月30日までを移籍期間とし、その後はもう移籍できない』というのはどうだろうか。そうすれば、来たるシーズンに向けてのプランが崩れることはない。すべてのチームが(遅くとも)7月1日から、選手を固めて練習を開始できるからだ」


ヘッキング監督がこう主張するのには、わけがある。昨年8月、ヴォルフスブルクは、一昨シーズンのブンデスリーガでアシスト王となったベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネと、クロアチア代表MFイヴァン・ペリシッチという主力2名を、それぞれマンチェスター・Cと日本代表DF長友佑都が所属するインテルへ放出することになってしまった。その後、DF内田篤人が所属するシャルケからドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーを、そしてバイエルンから元ブラジル代表DFダンテを緊急補強し穴埋めを図ったが、チームコンセプトは崩れてしまい、チャンピンズリーグ(CL)でベスト8に進出したものの、ブンデスリーガでは8位に低迷。今季CL出場はおろか、ヨーロッパリーグ予選の出場権さえも逃してしまった。


また『ビルト』によれば、今年2月にブンデスリーガ史上最年少監督記録を打ち立てた、ホッフェンハイムのユリアン・ナーゲルスマン監督も、「移籍市場が開く期間をもっと早く、例えば『4月から6月末まで』のようにすればいい。そうすれば、次のシーズンに向けて、選手もオフ中に引っ越しができるし、チームの始動日以降にそれらの雑務をする必要がなくなる」と、ヘッキング監督に同調している。


もちろん、スポーツディレクターなどの強化担当者は、これまでよりも早めに新シーズンに向けた構想を練る必要があり、またプレシーズン中に主力が重度のケガを負った場合でも、代替の選手を補強できなくなるというリスクもある。しかし現場で指揮を執る監督からすれば、この「移籍期間前倒し」は非常にありがたいアイディアなのかもしれない。



king


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker