Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年08月15日

【スーパーカップ】ドルトムント0−2バイエルン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スクリーンショット 2016-08-14 22.23.36スクリーンショット 2016-08-14 22.23.53


【得点】

0−1:アルトゥーロ・ビダル(58分:レヴァンドフスキ)

0−2:トーマス・ミュラー(79分:フメルス)





マン・オブ・ザ・マッチ:マヌエル・ノイアー





ドルトムント:ビュルキ(2) – パスラック(2), ソクラテス(3), バルトラ(2.5), シュメルツァ(4) カストロ(2.5), ローデ(3) デンベレ(3), 香川真司(4), ラモス(3) – オーバメヤン(4)

途中出場:68. シュールレ⇔ラモス、ヴァイグル⇔デンベレ、 78. モア⇔オーバメヤン




バイエルン:ノイアー(1.5) – ラーム(4), マルティネス(3), フメルス(3.5), アラバ(3.5) – アロンソ(3.5) – ミュラー(3.5),ティアゴ(3.5), ビダル(2.5), リベリ(3.5) – レヴァンドフスキ(4)

途中出場:65. コマン⇔リベリ、 71. キミヒ⇔ビダル、 87. ラフィーニャ⇔ミュラー

※()内の数字はkicker採点







トーマス・トゥヘル (監督:ドルトムント): “バイエルンとカルロ・アンチェロッティ監督に祝福の言葉を送るよ。アンラッキーな敗戦だった。我々は非常に精力的にプレーしていたし、ピッチ上ではエネルギッシュだったよ。ただ残念ながら、そのうちに小さなミスを重ねていってしまったね。”

セバスチャン・ローデ(MF:ドルトムント)
最終的には、クレバーさの差かな。僕たちは前半のうちに1点は取っておかなくてはいけなかった。もしもリードしていれば試合はもっと、やりやすくなっていたとは思うんだけど。リベリのことは一緒にプレーしていたから知っているけど、彼はヒートアップするタイプだ。あれがリーグ戦だったら退場だったと思うね。
260x195_acpOGHxMXGフェリックス・パスラック(SB:ドルトムント)
良い選手とマッチアップして、とても楽しかったよ。(リベリとの警告の場面については)あれは軽すぎると思うね。リーグ戦だったら、退場ものだったと思う。
ゴンザロ・カストロ(MF:ドルトムント)
いつものことだ。ルールを教えられる時には、エルボーならレッドだと教えられるし、今回はそれを目にしたんだよ。(昨年ポカール決勝でもリベリから自身が顔にファウルを受けたが警告のみ)あのときは皆が、あのことは忘れるようにしようとしていたし、今回も忘れるようにしないとね。
ロマン・ビュルキ(GK:ドルトムント)
とても苛立ちを覚えるね。0−1とされるまではとてもうまく、ディフェンスを行えていたというのに。

カルロ・アンチェロッティ (監督:バイエルン): “選手たちは既に非常に力強さを見せてくれた。満足している。もちろん難しい試合となった。ドルトムントは前半では本当に、とても良いプレーをみせていたよ。ただ後半では盛り返していたし、リーグ戦に向けて自信をあたえてくれるものだね。”

imageマッツ・フメルス(CB:バイエルン)”前半では運に恵まれたところがあったね。ドルトムントがリードしていたとして、それがおかしいと思う人はこの世にいなかったと思うよ。ブーイングについては覚悟していたし、それは理解できるものだ。。ここはとにかく気持ちが盛り上がるんだ。こういう場所は、世界中さがしても、そうないものだよ。それに不満を表現する人がいることに問題はないよ。ポジティブに見てくれる人もたくさんいるけど、でもそういう人たちはあまりポジティブに見ていない人たちよりも静かなんだ。試合はあまり経験したことのないフィーリングだったし、スタジアムの入り口に来たときは変な感じだったね。今回の試合は、フィジカル面でさらに前進させてくれる重要なものだよ。ただパフォーマンスはもっとよくなっていかないといけないけどね。あと8日のうちに体調を作っていって、そしてチームに合流してから5週間が経てば、準備はもうしっかりとできているさ。”




Borussia Dortmund - Bayern München 0:2

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker