ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年08月18日

シュトゥルツ会長、ブンデス2部の副会長を退任

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1. FSV Mainz 05 II v VfL Osnabrueck - 3. Liga

8月24日にベルリンにて、DFLの定例会が行われるが、そこでマインツで会長を務めるハラルド・シュトゥルツ氏が、ブンデスリーガ役員選挙に立候補しないことをDFLが発表した。


同氏は15年にわたって、ブンデス2部の副会長とブンデスリーガの役員を務めており、理由については「マインツが8年続けてブンデス1部でプレーしていること」を挙げた。


なおブンデスリーガの会長には対立候補者なしでラインハルト・ラウバル氏(ドルトムント)が、副会長にはペーター・ペータース氏(シャルケ)が就任することが確定。シュトゥルツ氏の後任候補としては、フュルトのハック氏、ニュルンベルクのメースケ氏、そしてカールスルーエのヴェレンロイター氏らが控えている。