Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年08月26日

UEFA、CL制度をトップリーグ向けに変更へ

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

UEFAは2018/19シーズンより、チャンピオンズリーグ出場権に関して変更行うこととなった。ヨーロッパの上位4リーグにおけるリーグ戦上位4クラブ全てに対して、グループリーグ出場権が与えられることになるという。


この新しいモデルは金曜日にモナコにて可決。仮に今シーズンに導入されていれば、グラードバッハがプレーオフで勝利せずとも、自動的にグループリーグへ出場権していたということだ。


なお現時点でみればこの上位4リーグはスペインを筆頭に、二番手のブンデスリーガ、さらにプレミア、セリエAと続く。


これは小さなリーグ戦とっては、チャンピオンズリーグのグループリーグ出場権が更に厳しくなったことになる。32枠のうち半分が4リーグに占められたことになるが、これまでは10枠のみが確定している状況にあったのだ。さらに上位10リーグ以下には、グループリーグ出場権は与えられない。


さらにUEFAは、分配金も変更することを示唆。よりパフォーマンスを反映したものとなり、その分はそれぞれのリーグにあるマーケットプールという収入が削減される模様。


つまりはパフォーマンスで上回る強豪チームが有利となり、グループリーグ出場による高額の収入を踏まえても、トップリーブ向けの変更だといえるだろう。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker