Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年10月16日

【ブレーメン2-1レヴァークーゼン】結果, コメント, MOM

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

img_3421

マン・オブ・ザ・マッチ:ズラトコ・ユヌゾヴィッチ(MF:ブレーメン)

【得点】
1-0:ユヌゾヴィッチ(13分、マネー)
1-1:チャルハノール(27分、カンプル)
2-1:マネー(59分、ユヌゾヴィッチ)

【試合後コメント】
アレクサンダー・ヌーリ(監督:ブレーメン)
お互いのため、我々はピッチ上で戦いを繰り広げてみせた。そういった部分が、どちらに転ぶかわからない試合展開でいい方向へともっていってくれたよ。応援してくれるファンのことを思うとうれしい。ただまだまだ課題は山積みではあるがね。特に嬉しいのはどうにかしてこじあけることができたことだ。

ロジャー・シュミット(監督:レヴァークーゼン)
ブレーメンの勝利はふさわしいものさ。我々には発想と打開力に欠けてしまっていたよ。それに1−1となってから一貫してプレーをすることができなくなっていた。これは3度目の、アウェイ戦での不必要な敗戦だ。非常に苛立ちを覚えるね。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker