Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年10月24日

【レヴァークーゼン0−3ホッフェンハイム】結果, コメント, MOM

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1477145536

マン・オブ・ザ・マッチ:カレム・デミルバイ(MF:ホッフェンハイム)

【得点】
0−1:デミルバイ(15分、ワグナー)
0−2:ワグナー(49分、クラマリッチ)
0−3:ツーバー(60分、ワグナー)

【試合後コメント】
ロジャー・シュミット(監督:レヴァークーゼン)
意欲的な姿勢は見てもらえたと思う。しかし退場者を出してしまってから、別の試合となってしまったよ。前半に関してはまだよかったのだが、最終的にはホッフェンハイムが勝利にふさわしかったさ。私が退場した場面については、相手監督がエキサイトさせたからだ。あんなことはいいことではない。まさか私にあんなことが起こるなんて思いもしなかったよ。

ユリアン・ナーゲルスマン(監督:ホッフェンハイム)
最初の10分はそんなにいい試合ではなかったのだが、しかし退場者が出てからはもっとスペースを得られるようになって、得点を決めることができたよ。それからはいい形になったね。そして後半早々に2−0としてからは、こちらの思う流れとなった。後半のパフォーマンスについてはとても満足している。ロジャー・シュミット監督とは少し話をして、私のなかではもう終わったことだし、特にひきづってはいない。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker