Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年11月16日

「強い気持ちと勇気」で掴んだ勝ち点3…選手を称えるハリル「グループの勝利」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選の第5戦が15日に行われ、日本代表はサウジアラビア代表を2-1で下した。

 首位サウジアラビアをホームに迎えた日本は、前半終了間際の45分に清武弘嗣(セビージャ)がPKを決めて先制。その後はなかなか追加点が奪えなかったが、80分に原口元気(ヘルタ・ベルリン)のゴールで突き放すと、終盤に失点を喫してしまったものの、2-1で逃げ切った。

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は試合後、「まずは選手を祝福したい。本当に良い試合をしてくれた。勝つに値したと思う」と選手を称え、「我々にとっては本当に大きな勝利だ。サポーターの皆さんに感謝したい。皆さんの勝利だとも思う」と、スタジアムに駆けつけたサポーターに感謝を示した。

 この試合では久保裕也(ヤング・ボーイズ)がA代表初先発を飾った一方、本田圭佑(ミラン)や香川真司(ドルトムント)は途中からの出場となった。指揮官は、「本当にグループの勝利だと思う。ここ最近は厳しい状況が続いたが、我々の強い気持ちと勇気が大きな勝利を呼び込んだ。選手を誇りに思う」と、チーム全員で掴んだ勝利だと強調し、改めて選手に称賛の言葉を送っている。

 日本はこれでサウジアラビアと勝ち点10で並び、最終予選前半戦を折り返すこととなった。次戦は来年3月のUAE(アラブ首長国連邦)代表戦。ハリルホジッチ監督は「まだ厳しい道が続くが、本当に厳しいのはわかっている。ロシアに向けて、全員で勝ち取りたい」と、今後への意気込みを語っている。


きんg
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker