ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年03月02日

ポカール8強【バイエルン3−0シャルケ】

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

lewy-f__hrmoh-1488400968
【得点】
1−0:レヴァンドフスキ(3分、リベリ)
2−0:ティアゴ(16分、レヴァンドフスキ)
3−0:レヴァンドフスキ(29分、リベリ)

【試合後コメント】
カルロ・アンチェロッティ監督(バイエルン)
試合はよかった。とてもプレッシャーをかけていたし、シャルケにあまり自由を与えてもいなかった。高い位置からプレッシャーをかけ、とてもうまく攻撃を行えていたよ。開始当初からね。それから結果の調整に入りはしたのだが。リベリは本当によく仕事をしてくれた。いいプレーだったよ。どの得点にも絡んでいた。クオリティをもった選手だね。彼がいてくれてとても嬉しく思う。

ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
開始からフルスロットルでいきたいとおもっていたよ。得点はできたが、1点では足りないことがよくあるからね、だから僕たちは常に貪欲に得点を重ねにいくんだ。前半では全てが思い通りにいっていたよ。オフェンスでとてもいいプレーができ、シャルケにはなにもさせていなかった。後半ではそこまでテンポはなくなってしまったけど。

マッツ・フメルス(バイエルン)
(骨盤の問題で用心して交代)数日は要するかな。でもケルン戦でいけるよう期待しているところだよ。

マルクス・ヴァインツィール監督(シャルケ)
攻守にわたって意欲がみられなかったし、あのような形で試合がはじまっては、ミュンヘンでは難しくなってしまうものさ。30分が経過して0−3とされてはね、まったく別の試合展開を思い描いていたのだけれど。自陣であのような形でボールをロストしては、当然ながら相手にどうぞと言っているようなものだ。マイヤーはドイツ代表選手であり、高い期待を自他ともに求めていることだろう。だが彼は前半では6度の対人戦で1度しか勝利していないと思う。その数字以上に説明は必要ないはずだ。ここでは相手が不用意に我々に贈り物をしてくれるような場所ではない。精力的に対人戦に臨まなくては。だがそれがうまくいかなかったよ。

ラルフ・フェアマン(シャルケ)
悔しいね。顔を叩かれたような気分さ。前半はまったく自分たちの試合ができなかったし、対人戦にしっかりと入ることができず、あらゆる点で相手に上回られる結果となってしまったよ。早く気持ちを切り替えなくては。

ベネディクト・ヘヴェデス(シャルケ)
出だしは本当にまずいものとなってしまった。それでバイエルンをのせてしまい、守るのが難しくなってしまったよ。

PK8-21PK8-22


  • ブンデスリーガ・各チーム情報