ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年03月10日

EL1stレグ【シャルケ1−1グラードバッハ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

burgstaller800-1489093087

【得点】
0−1:ホフマン(15分、シュティンドル)
1−1:ブルクシュタラー(25分、ゴレツカ)

【試合後コメント】
マルクス・ヴァインツィール監督(シャルケ)
選手たちがうまくプレーできることはわかっていたし、それを今日みせてくれたよ。残念ながらミスによって追いかける展開となってしまったのだが、それでもうまく挽回してくれたとは思う。素晴らしいパフォーマンスだった。後半ではグラードバッハよりも勝利に近づいていたとは思うのだが、しかしチャンスをいかせずに結果を得ることができなかったよ。だがチームがみせてくれたパフォーマンスについては勇気のもてるものだ。失点と2点目を取れなかったことを除いては。ただ2ndレグでは1−0で勝利をおさめるいがいにも、2−2でも勝ち抜くことはできるよ。

ディーター・ヘッキング監督(グラードバッハ)
チャンスの数を見てほしい。うちの方が上回っていたはずだ。結果については、両チームに勝ちぬけのチャンスが残されたといったところだよ。1−0と先制点を決めたのだが、そこから2−0とするチャンスをいかせなかったのは残念だ。ただ我々もいいチームだが、シャルケのホームでそうそううまく得点しつづけられるわけでもないよ。2ndレグも接戦となるし、どちらが優位に立っているとかは問題ではないさ。うちにはホームというメリットがある。ただ8強入りするには最高のパフォーマンスをみせなくてはね。

ラース・シュティンドル(グラードバッハ)
結果は内容にあっていると思う。いい形でセカンドレグに向かうことはできるよ。実際、いい形で試合に入ることができたし、いいタイミングで得点を決めることができた。それで自信を与えてくれたんだけど、でもそれからは前線でのビルドアップがそううまいうできなくなり、逆に同点弾を決められる結果となってしまった。後半ではシャルケはとてもアグレッシブにプレーし、あまりスペースを与えてくれなかったよ。でもうちにはいいGKがいるからね。セカンドレグでは勝ち抜けるためにとにかく全力を尽くすよ。もっといいプレーをしなくてはいけない。

ギド・ブルクシュタラー(シャルケ)
確かに早々に追いかける展開になってしまったんだけど、それでも僕たちは逆転への意欲的な姿勢をみせられたと思う。残念ながら2点目を決めることはできなかったけれどもね。ただいいリアクションではあったし、全力をつくして、相手にしっかりと対抗しているところは見て取れたはずだ。今はゴール前でのツキに見放されている感はあるけど、1−1という結果なのだからどちらに転がるかはまだわからないよ。

レオン・ゴレツカ(シャルケ)
早々に失点したときには、ブーイングがおこるかなと思ったよ。でも全く逆だったね。ファンのおかげだよ。あと対人戦でうまくやれてたし、それがどの試合でもベースとなるんだ。別の顔を見せられたよ。ただヤン・ゾマーには賛辞を送らなくてはいけない。彼がグラードバッハを救ったんだ。

ベネディクト・ヘヴェデス(シャルケ)
献身的なプレーをみせ、数多くの得点チャンスを作り出すことができていた。総じて見て僕たちの方が内容的に上回っていたし、勝利をおさめる可能性を手にしていたとは思うよ。ただグラードバッハがカウンターの場面でとてもいい動きを見せていたことは受け入れなくてはならない。でも今回みせた意欲的な姿勢を、僕たちは次の試合でもいかしていかなくてはならないんだ。

ヨナス・ホフマン(グラードバッハ)
得点を決められて本当に嬉しく思う。あまりに集中力に欠けてしまったパフォーマンスを露呈したね。でもこういった部分をセカンドレグでなくしていければ、とてもいい感じになるとは思う。それにアウェイゴールを決めたことは重要だ、シャルケは得点をしなくてはならない状況にはなったからね。相手には厄介だと思う。ただ僕たちはホームで戦うのだし、それにふさわしいものをみせていきたいよ。この勢いをいかして、リーグ戦でもうまくやっていきたい。ハンブルク戦は難しいものになるだろうけど、でも勝利を収められることはこれまでにも目にしてきたことだ。

ヤン・ゾマー(グラードバッハ)
シャルケはとてもプレッシャーをかけていたね、後半では。シャルケが特に有利だという意識はない。

スクリーンショット 2017-03-10 14.00.54スクリーンショット 2017-03-10 14.01.04


  • ブンデスリーガ・各チーム情報