ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月01日

ベルリン1−3ホッフェンハイム

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GES/ Fussball/ Hertha BSC Berlin - 1899 Hoffenheim, 01.04.2017
【得点】
1−0:ペカリク(32分、エスヴァイン)
1−1:クラマリッチ(39分PK、)
1−2:ズーレ(76分、ツーバー)
1−3:クラマリッチ(86分、ワグナー)

【試合後監督コメント】
パル・ダルダイ(監督:ベルリン)
前半については2−0でリードを奪うことさえできたように思う。しかし退場者がでてしまったことで、とても難しい試合となってしまった。ただ我々としては審判の判断は受け入れなくてはならないと思っている。もちろん辛いものではあったけれどもね。選手たちは全力を尽くしていたし、我々としてはポジティブでありつづけるということ。6位を守りぬきたいし、それが目標さ。CLについては、外部でももう口にされることはないだろう。でもそれはOKなことさ。これまでにも私は、このチームにはまだCLは荷が重すぎるかもしれないと話してきたではないか。

ユリアン・ナーゲルスマン(監督:ホッフェンハイム)
とてもいいアウェイ戦での戦いを見せてくれた。前半では試合を支配していたし、数的有利となってからは、しっかりと我慢して、カウンターを許さなかったよ。我々としてはこの順位を守り抜きたいところだ。



  • ブンデスリーガ・各チーム情報