ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月05日

ケルン1−0フランクフルト

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【得点】
1−0:ヨイッチ(53分、)

【試合後監督コメント】
ペーター・シュテーガー(監督:ケルン)
開始当初は問題を抱えていたし、フランクフルトのビルドアップに対して、これといった打開策を見出せずにいたよ。それによってなかなか規律をもてずにいたのだが、しかしこの試合が難しいものになることは予想できていたことさ。今回の試合で勝ち点3を取れたことをとても満足しているよ。オープンな展開となり、どちらに転んでもおかしくなかった試合だったね。だからこそ今回の勝利は素晴らしいものだし、重要な意味合いを持つことになるのさ。

ニコ・コヴァチ(監督:フランクフルト)
これまでの数週間のようだった。とてもいいアウェイ戦での戦いをみせていたし、2・3のビッグチャンスもあったのだ。しかし得点にまではいたらなかったよ。そしてヨイッチのシュートが決まってしまった。これがブンデスリーガだ。いいプレーをするだけでは、効果的にプレーできなければ、決して勝利を収められないということさ。


BL27-21BL27-22