ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月15日

降格争いマインツのシュレーダー氏「選手たちは燃えている」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

schr__der800-1492175372
第23節までは、7位との勝ち点差がわずか4となっていたFSVマインツ05。しかしそこから泥沼5連敗を喫するというまさかの展開となり、一転していまは自動降格圏内となる17位まで勝ち点差1にまで迫られている。

そんななかで、当然ながらマルティン・シュミット監督の去就問題も浮上してきたのだが、前節の試合後にシュレーダーSDはシュミット監督の支持を明確に表明。「これにより、我々はよりよく取り組んでいくことができるだろう」と語った。

その団結力こそが、現在激しく展開されている残留争いにおいて、重要な役割を果たすことになるだろう。

なお今節では出場停止のグバミン、負傷により長期離脱中のベルグレンに加え、さらにGKヨナス・レッスルとロビン・クアイソンの出場も、チーム練習参加は果たしたが不透明となったままだ。

それでもシュレーダー氏は「このチームはまだ死んでなんかいない。どの選手も出場に向けて闘志を燃やしているよ」とコメント。特に2位ライプツィヒ戦でみせていたような戦いを、これからも継続していきたいところである。

なお今節は、ここまで勝ち点29のうちその3分の2近くを稼いでいるホーム戦であり、逆に対戦するヘルタ・ベルリンは勝ち点43のうち、アウェイ戦では約2割となる9しか稼げていないまさに鬼門。

厳しい戦いが続くマルティン・シュミット監督だが、「ベルリンについてはとてもしっかりと分析したし、どういうところが素晴らしい部分なのかもわかっている」と述べ、「うまく攻略していきたい」と意気込みを見せた。

vsベルリン戦先発予想:レッスル – ドナティ, ベル, ハック, ブロシンスキ – ラッツァ, F. フライ – エズトゥナリ, ボージャン, ハイロ – 武藤嘉紀


  • ブンデスリーガ・各チーム情報