ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月15日

ドルトムント警察、フランクフルト戦は警備を増強

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1-1492251246
火曜日に開催予定となっていたCL8強ASモナコ戦を1時間前に控え、ホテルからスタジアムへと向かったドルトムントのチームバスが、3つの爆発物により襲撃。マーク・バルトラが手首や腕を負傷して手術を受けたほか、警察官の一人も負傷する事件が起こった。

そして土曜日の日本時間22時半から行われるアイントラハト・フランクフルト戦は、その時以来となるホーム戦の開催ということになるのだが、ドルトムント警察は今回の試合に向けて、警備の数を増強。

広報担当は「状況に合わせた対応を行なっています」と語り、「怪しいと思ったもの全てをしっかりとチェックしていきます」と厳重なチェックの徹底についても強調している。

また現在警察では、今回の事件が起こった背景について調査中だが、今回の犯行は極右によるものではないかとの推測もあり、。

現場に残されたメモなど現在は、あらゆる可能性を踏まえて調査がおこなわれているところだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報