ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月16日

【ヴォルフスブルク3−0インゴルシュタット】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



【得点】
1−0:スットナー(45+1分OG、ゲルハルト)
2−0:マリ(68分、アーノルド)
3−0:ゴメス(80分、ゲルハルト)

【試合後コメント】
アンドリース・ヨンカー(監督:ヴォルフスブルク)
シャルケ戦後に落ち着きを失うことなく、すぐにインゴルシュタット戦に向けて切り替え、自分たちのプランに集中してこの1週間取り組んできたよ。特にディフェンス面でとてもよかったね。前半については、両チームともにピリッとしないパフォーマンスを見せていたのだが、しかしそれ以降は我々は相手を上回り、後半ではオフェンスがよくなってとてもふさわしい形で勝利を収められたと思うよ。ここに就任したその日から、みんなが目的を1つにして戦えている。私はそう実感しているんだ。

マリオ・ゴメス(FW:ヴォルフスブルク)
メンタル的にとても重要な、いい勝利だったと思う。みせていたパフォーマンスについてもね。とてもふさわしい形で勝利できたと思うよ。最初はちょっと苦労したけど、それからどんどん良くなっていったね。2−0としてからは相手を走らせることができていたよ。

マイク・ヴァルプーギス(監督:インゴルシュタット)
今日の試合のインゴルシュタットは、私の知っているインゴルシュタットではない。あまりにも受け身に構え、オフェンスでは非常におざなりにプレーしていた。間違いなく、今回は敗戦にふさわしかったと言えるだろう。これからは、再びしっかりとパフォーマンスをピッチ上で発揮できるようにしていかなくてはならない。今日はそれが全くできなかった。



  • ブンデスリーガ・各チーム情報