ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月16日

【ホッフェンハイム5−3グラードバッハ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

sza_800-1492437497

【得点】
1−0:シャライ(9分、ワグナー)
2−0:シャライ(24分、ルディ)
2−1:ヴェステルゴーア(31分、シュトローブル)
2−2:シュティンドル(35分、ダフード)
3−2:デミルバイ(58分FK、)
4−2:ウート(75分、)
4−3:ダフード(78分、ドルミッチ)
5−3:デミルバイ(89分、クラマリッチ)

【試合後コメント】
ユリアン・ナーゲルスマン(監督:ホッフェンハイム)
グラードバッハがいかに見ていて楽しいチームであるか、それは前半をみればあきらかだったろう。想像を超えた魅力的な試合となった。2点差はついたがそれが内容に見合ったものとは思わない。むしろ幸運な勝者だったと感じるね。(シャライを先発起用、ウートが途中出場から結果)トレーニングのレベルは向上している。起用法は選手の調子だけでなく、相手にもよるところはあるよ。得点できてうれしいね。特にFWにとってそれは好都合だ。努力のたまものだよ。

オリヴァー・バウマン(GK:ホッフェンハイム)
なんという試合だろうか。素晴らしいゴール集を目にすることになったね。僕たちはふさわしい形で勝利を収められたと思うよ。

カレム・デミルバイ(MF:ホッフェンハイム)
まさにこういう試合のためにサッカー選手になった、そう言える試合だったように思うね。

アダム・シャライ(FW:ホッフェンハイム)
(出場機会に恵まれないなかで2得点をマーク)何もこれがはじめてのことではないよ。チャンスがあれば、とにかく僕は楽しんでプレーしたい。だからサッカーをしているんだから。とにかく嬉しいね。先発できたし、できるだけ楽しもうと思った。誰だってプレーはしたいもの。僕自身は自分のこと、自分のパフォーマンスに集中していく。僕たちはとてもクオリティのあるチームだし、ローテーションをしても結果をきっちりと出せているんだ。
ディーター・ヘッキング(監督:グラードバッハ)
サッカーの試合として、素晴らしいものをお見せできたと思う。オフェンス中心の素晴らしい試合となった。両チームによる、非常にスピーディーなサッカーが展開され、常にオープンに前に前にと攻め立てていたよ。これこそがブンデスリーガの試合で見たいと思える、そんな試合だったと思うね。見事なパフォーマンスをみせてくれたsね主たちに賛辞を送りたい。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報