ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月21日

今夏のテレコムカップにはブレーメンとホッフェンハイムも参戦

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今年で9回目を迎えるテレコムカップが、7月15日にグラードバッハの本拠地ボルシア・パークにて開催。グラードバッハでの開催は通算3度目のことだ。

なお参加クラブはホストのボルシア・メンヒェングラードバッハをはじめ、バイエルン・ミュンヘン、現在3位につけるTSGホッフェンハイム、そしてヴェルダー・ブレーメン。

また前回は今年1月14日、はじめて後半戦に向けての準備期間で開催され、そのときにはホストの2部デュッセルドルフ、今回のホストのグラードバッハ、バイエルン・ミュンヘン、そしてマインツという顔ぶれだった。

グラードバッハのマックス・エベールSDは「テレコムカップは、良い顔ぶれがそろう素晴らしい大会であり、これまで我々の準備期間において非常に重要なポイントをなっている」とコメント。

大会は準決勝と決勝、そして3位決定戦の4試合、それぞれ45分間づつで行われるミニトーナメントであり、同点で終わった際にはPKによって決着。

組み合わせなど、詳しい情報はこれから明らかになるとのこと。

nagelsmann-1492768086_zoom18_crop_560x205_560x205+110+20
またホッフェンハイムは、今夏のトレーニングキャンプのプランについても発表。5週間の夏期休暇ののち、6月28日から7月4日までバイエルン州にあるガルミッシュ=パルテンキルヒェンにて、さらに7月16日から23日までは、今度はオーストリアのトラウンフィアテルにて準備を行なっていくとのこと。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報