ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月23日

【ハンブルク 1−2ダルムシュタット】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【得点】
0−1:スル(51分、クマブワカ)
0−2:プラッテ(53分、ゴンドルフ)
1−2:ホランド(90分+3、


【試合後コメント】
マルクス・ギズドル(監督:ハンブルク)
当然、別の結果を期待していたよ。非常に難しい戦いとなったのが見て取れたと思う。もう何も失うものがなくなったチームを相手に、少しのまれてしまったところがあったようだね。とても間違った決断をいくつも下していたし、総じて見て決していいパフォーマンスだったとはいえないさ。

トルステン・フリンクス(監督:ダルムシュタット)
ついにアウェイ戦で勝ち点を得られてとにかくうれしいよ。それにホームで強さを見せていたハンブルクが相手だったからね、余計にうれしいものがあるさ。開始から終了まで、我々はプランを明確にもってプレーしていた。選手達は週を追うごとに良さをみせてくれているし、とにかく誇りに思っているよ。ただもう降格は確実となってしまったが、しかし誰にも文句は言わせないような、最後まで全力を尽くす戦いをみせていく。それが我々らしさなのだから。逆にハンブルクは入れ替え戦には落ちたくないと思っているし、残留争いを演じているクラブではなくとも、欧州リーグを狙うクラブだってそれぞれにプレッシャーを感じている。我々のようにリラックスできているのは(ほぼ優勝が決まっている)バイエルンくらいなもんさ。

アイタッチ・スル(主将:ダルムシュタット)
降格を免れなくなったことで、僕たちは楽にプレーすることができてうる。リラックスさと何も失うものはないというのがうまくミックスされているね。

ファビアン・ホランド(DF:ダルムシュタット)
とにかくうれしいね、ようやく勝ち点を得ることができて。ただオウンゴールの場面については、アンラッキーな形でボールが入ってしまった。クリアを試みたんだけど。今はとにかく頑張ろうとしている。それがここのところはいい感じにできていると思うよ。選手それぞれが決して投げ出すようなことをしていないんだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報