ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月23日

【インゴルシュタット 2−4ブレーメン】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



【得点】
1−0:レスカノ(32分、ティスランド)
1−1:クルーゼ(45分+1、バルテルス)
2−1:グロース(62分PK、コーエン)
2−2:クルーゼ(81分、)
2−3:クルーゼ(87分、カインツ)
2−4:クルーゼ(90分+4、バルテルス)

【試合後コメント】
マイク・ヴァルプーギス(監督:インゴルシュタット)
とても残念だ。プレーの面でも戦術面でも、非常にとてもいいものだったと思うよ。敗戦には決してふさわしい内容ではなかったさ。何度もアクセントもつけられていたというのにね。選手達には批判などいえない。今回のパフォーマンスはむしろ勇気を与えてくれるものだし、目標達成へとつなげていきたいところだ。ただマックス・クルーゼのような選手がいてくれたらね。

パスカル・グロース(MF:インゴルシュタット)
いい前半戦を見せたとは思うんだけど、でも不必要な形で失点してしまった。あのカウンターはもっとうまく守らないと。それでも後半からは立て直して、一度はリードすることができていたんだけどね。でも勝利が手元からこぼれ落ちてしまったことはとにかく残念だよ。ブレーメンは決してそこまでいい戦いを見せていたわけではなかったし、僕たち自身うまく試合をつかめていたと思う。でも2−2とされたのはアンラッキーだったし、それからはクルーゼによる個人のクオリティを見せつけられて逆転されてしまった。でもまだ可能性は残されているし、これから勝ち点をえて行かないと。とにかく頑張って、結果を待つことになるさ。このチームにはブンデス1部のクオリティがある。それは確かだよ。

アレクサンダー・ヌーリ(監督:ブレーメン)
とてもタフな、難しい試合だったよ。インゴルシュタットは非常にとてもいいプレーをみせていたんだ。我々はテクニック面でのミスをおかし、プレーに流れがみられなかったよ。しかし選手達は戦う姿勢をみせ、そして素晴らしいチームパフォーマンスによって試合を戻すことができた。マックス・クルーゼは見事にチャンスをいかしていたね。基本的に私はあまり選手をもちあげないのだが、今日は…。もしも今の順位をキープできれば(暫定6位)素晴らしいことではあるよね

マックス・クルーゼ(FW:ブレーメン)
これはチーム全体による結果だ。別に自分のことを高く持ち上げようなんてつもりはないよ。僕一人だけでは、決してこんなことはできはしないんだ。僕には居心地よく過ごせる場所が必要で、ここで僕はハードに取り組めている。(ドイツ代表へアピール?)それは代表監督に聞いてくれ。

フランク・バウマン(マネージャー:ブレーメン)
(ヌーリ監督との延長交渉について)我々は彼の続投を望んでいるし、彼自身も残留を希望している。だから合意にいたることができるのではないかとみているよ。家rは精力的に取り組んでくれる人材であり、チームを盛り立ててくれる。アレックスは非常に才能ある監督で、それはブンデスでも実証してみせているところだよ。ただ数日以内に延長どうこうという結論にまでは至らないだろうさ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報