ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月29日

【ドルトムント0−0ケルン】結果、コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【得点】
なし

【試合後コメント】
トーマス・トゥヘル(監督:ドルトムント)
選手達がみせてくれた精力的なパフォーマンスを非常にうれしくおもっている。あれほどの得点チャンスを作り出していたのであれば、試合に勝利してしかるべきだっただろう。チームに対して大きな賛辞を述べたい。ケルンの守備陣に対して、非常に難しい試合になることはわかっていた。ただ勝利を手にするには、シュートの精度がいまいちではあったよ。23度放って、4回しか枠を捉えきれていないのではね。それでも選手達は、この1週間、この1ヶ月と同様に素晴らしいプレーを見せてくれたとは思うよ、この

ペーター・シュテーガー(監督:ケルン)
今回のドローについては非常に満足している。ドルトムントとのアウェイ戦で勝ち点1をとることは、そう簡単なことではないのだから。我々は開始から20分間は多くの問題をかかえてしまっていたのだが、しかしシステムを変更してからはよくなったね。後半からは選手達はとてもハードに取り組んでくれていたし、本当にとてもハッピーな気分さ。



  • ブンデスリーガ・各チーム情報