ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月30日

【ヴォルフスブルク0−6バイエルン】結果、コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

meister800-1493491705
【得点】
0−1:アラバ(19分FK)
0−2:レヴァンドフスキ(36分、ミュラー)
0−3:レヴァンドフスキ(45分、コマン)
0−4:ロッベン(66分、ミュラー)
0−5:ミュラー(80分、レヴァンドフスキ)
0−6:キミヒ(85分、ロッベン)

fcb-1493544100_zoom12_crop_560x205_560x205+7+135
【試合後コメント】
アンドリース・ヨンカー(監督:ヴォルフスブルク)
非常にふさわしい形で優勝を成し遂げたバイエルン・ミュンヘンに賛辞をおくりたい。我々は非常に期待して試合に臨んだのだが、しかしわずか30分のうちに打ちひしがれてしまったよ。あれは決していいことではない。特にこのスタジアムで戦うのであれば、しかしこれからも我々は戦いつづけていくし、次の試合にむけて火曜日から、再び集中して準備を行なっていく。

カルロ・アンチェロッティ(監督:バイエルン)
非常に嬉しく思っている。この非常に難しい状況のなかで、どうしても勝利を収めたかったのでね。とても素晴らしい経験をすることができたよ。リーグ戦においては、とてもいい仕事ができたと思っている。素晴らしい選手たちを指導させてくれた、このすばらしいクラブに感謝の気持ちを伝えたい。クラブからの力強い支援があることがとても重要なことなんだ。私はここの家族の一員であるようにさえ感じている。バイエルン・ミュンヘンというのはまさにファミリーなのだ。この2週間というのは、当然ながら非常に辛いものがあった。しかし今は祝福のとき。しばしお祝いの時間だ。それからは落ち着いて、また新しいシーズンへ準備を進めていくことになるさ。

カール=ハインツ・ルメニゲ(CEO:バイエルン)
開幕前に、リーグ制覇というのは最もごまかしのきかないタイトルだということは話していた。それを5年連続で達成できたのだ。これは素晴らしいことだよ。私は現役時代に10年間バイエルンでプレーし、2度リーグ優勝を達成することができた。それを5年連続なんて信じられないよ。2013年からは、我々は三冠達成を求められる立場にさえなっている。しかし117年の歴史のなかで、三冠はただの1度しか成し遂げていないことを忘れてはいけない。毎年三冠を取るという高慢なことを軽々しく口にすべきではないよ。我々としてはいいシーズンを戦うということ。それを今シーズンも達成することができた。時にはレアル戦やドルトムント戦のように、つきに見放され決定的なものになってしまった不運もあったがね。それはリーグ戦ではおこらない。34試合の戦いは運だけではどうにもならないものさ。そして今回、我々は非常にふさわしい形で優勝を果たすことができたと思っている。

ウリ・ヘーネス(会長:バイエルン)
我々は今一度、このブンデスリーガ優勝というものがいかに特別なものであるか、それを再認識する必要があると思う。このタイトルのことを軽視するのは、もうやめようではないか。

フィリップ・ラーム(主将:バイエルン)
リーグ戦を4試合残して優勝を果たすということは、決して簡単なことではないんだ。チームの再編成というのはいつかはくるもの。この夏には、いくつかの動きがみられることになるね。シャビ・アロンソと僕という、二人のベテランが引退するから。ただそれが大きな傷となることはないだろう。そこに2・3人の新戦力は迎え入れることになるだろうさ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報