ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月12日

コノプリャンカとババが残留の流れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

24 11 2016 Fussball UEFA Europa League 2016 17 5 Spieltag FC Schalke 04 OGC Nizza v l Abd
土曜日に迎えるハンブルガーSV戦は、今季いっぱいで契約が切れるクラース・ヤン・フンテラールにとって最後のホーム戦ということになるが、果たしてそれ以外にはどの選手がこの夏にチームを後にするのだろうか?

今季からシャルケのマネージャーを務めるクリスチャン・ハイデル氏は、「我々は多くの別のことをしなくてはならない」とコメント、チームの再構築を進めていく考えを示した。

フンテラールのほかにも、元ドイツ代表のデニス・アオゴに加え、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表のセアド・コラシナツに対してはプレミアからの関心も寄せられており、その一方で昨夏にレンタルで加入するも負傷により長期離脱を余儀なくされているアブドゥル・ラフマーン・ババについては、ハイデル氏は「チェルシーといい話し合いを行えている」と残留の可能性について明かしている。

なお先日噂にあがった、アウグスブルクのギリシャ代表左SBコンスタンティノス・スタフィリディスへの関心については、ハイデル氏は否定。同選手については、エムボロへのハードファウルで重傷を負わせていたことから、ファンから反発する声もあがっていた。

また昨夏にセビージャからレンタルで加入するも、思うような活躍をみせられていないイェウヘン・コノプリャンカも残留の流れにある一方で、バイエルンからレンタルで加入しているホルガー・バートシュトゥーバについては「獲得は考えていない。そのことは監督にも明確に伝えている」とハイデル氏はコメント。

そのほかにもシャルケでは、二人のドイツ代表MFマックス・マイヤーとレオン・ゴレツカの動向にも注目があつまっているところだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報