ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月19日

来季のブンデスリーガ審判員のサラリーが向上

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

imago28426700h-1495201553
ブンデスリーガの審判員のサラリーが、来シーズンよりアップすることが明らかとなった。マヌエル・グレーフェ審判員は、「これは国内外における困難なタスクに対して、我々審判員がよりプロフェッショナルかつフレキシブルに、自らの力でしっかりと取り組まなくてはならないということを、強く感じさせるものです」と述べている。

なおこれまでは主審に対しては1試合につき3800ユーロの手当てがついていたのだが、これが5000ユーロに。アシスタントは2000ユーロから2500ユーロに、第4審判員は1000ユーロから1250ユーロにそれぞれにアップ。

さらにFIFA国際審判員の最上位クラスに位置する審判員の基本年俸は79000ユーロ、その他のFIFA国際審判員もしくはブンデスで5年以上務めてきた審判員には69000ユーロ、そのほかは59000ユーロと、それぞれ4000ユーロのアップとなった。

またこの2年間で向上した300万ユーロ分に関しては、ブンデス1部2部のクラブが負担する。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報