ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月20日

ブンデスリーガ最終節のみどころ

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image_slshow_einzel_0_1
【3位争い】

参加:ボルシア・ドルトムントvsTSGホッフェンハイム

状況:3位なら来季のCL予選行きを回避(来季のチーム作り、準備に影響)。両チームの勝ち点は同じ、得失点差は4

条件
ドルトムント(香川):できれば勝利してホッフェンハイムの結果待ち

ホッフェンハイム:アウグスブルク戦で勝利をおさめるだけでなく、得失点差の挽回も狙う

【残留争い】

参加:アウグスブルクvsヴォルフスブルクvsハンブルク

状況:自動降格圏内はすでに回避しており、この試合では残留を確定させるか、入れ替え戦に進むかが焦点。なお最終節でヴォルフスブルクがハンブルクと直接対決。アウグスブルクはヴォルフスブルクを得失点差1で上回っている。

条件
アウグスブルク(宇佐美):敗戦でも1点差ならば自力で残留。大量失点は避けたいが、ブンデス3位の得点力をもつホッフェンハイムは前述の理由から積極的に得点を狙う。

ハンブルク(酒井)vsヴォルフスブルク:ハンブルクは勝利ならば自力で安全圏内へ。ヴォルフスブルクは引き分け以上で残留。敗戦しても得失点差次第では、アウグスブルクをかわして残留の可能性。

【EL出場権争い】

参加:ヘルタ・ベルリンvsSCフライブルクvs1.FCケルンvsヴェルダー・ブレーメンvsボルシア・メンヒェングラードバッハ

状況:6位なら直接、7位かつポカール決勝でドルトムント勝利なら予選進出。フランクフルト優勝ならフランクフルトへ。

条件
ヘルタ・ベルリン(原口):引き分け以上ならば自力で6位以内確保。

SCフライブルク:勝利ならば自力で6位以内確保。引き分けかつケルンが勝利するなら7位転落、さらにブレーメンがドルトムントに勝利するなら8位転落。

1.FCケルン(大迫):勝利をおさめ、かつフライブルクが引き分け以下なら確保。フライブルクが勝利なら7位。引き分け以下なら8・9位の可能性

ヴェルダー・ブレーメン:勝利をおさめ、フライブルクとケルンが敗戦するなら6位確保。いずれか1つが敗戦するなら7位。

ボルシア・メンヒェングラードバッハ:勝利をおさめ、かつフライブルク、ケルン、ブレーメンが敗戦するならば7位浮上。

スクリーンショット 2017-05-20 11.16.37


  • ブンデスリーガ・各チーム情報