ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月20日

【ケルン2−0マインツ】

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BL34-5
【得点】
1−0:ヘクター(43分、大迫勇也)
2−0:大迫勇也(87分、ヨイッチ)

【試合後コメント】
ペーター・シュテーガー(監督:ケルン)
気持ちの整理が難しいね。今日は勝ち点3を取りにいった。たとえ引き分けに終わっても結果的にEL出場権は獲得できたかもしれないが、ただ残念なシーズンと感じることになったかもしれなかったよね。こういった状況というのは、選手達にとってはとても難しいものだ。今は誇りに感じているし、今晩はたのしむよ。ただ来季にむけての課題は山積みだ。

マルティン・シュミット(監督:マインツ)
ケルンを苦しめたかったし、簡単に試合を明け渡すようなことはしたくはなかった。それについてはできていたと思う。目標というのは2部に降格しないということだったし、それはこの数週間でしっかりとできた。ケルンに祝福の言葉を送りたい。



  • ブンデスリーガ・各チーム情報