ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月20日

【ハンブルク2−1ヴォルフスブルク】

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

A640BB18-0B74-4E9F-BB86-214E5A54C8C5
【得点】
0−1:クノッヘ(23分、ユング)
1−1:コスティッチ(32分、ホルトビー)

【試合後コメント】
マルクス・ギズドル(監督:ハンブルク)
とにかく気持ちが爆発している、本当に大きなプレッシャーにさらされていたのでね。開幕から10試合で勝ち点2という状況は、まさに我々は一度死んでいたような立場にあったのだ。この状況から残留を果たしたクラブは1つもなかったからね。しかしそこから我々は一致団結して新たな歴史を記すことに成功したよ。クラブのすべての関係者、ファンたちに感謝の言葉を伝えたい。言葉をみつけるのが難しいよ。とにかく感謝しているし、今日は本当に肩の荷がおりたという感じだ。

アンドリース・ヨンカー(監督:ヴォルフスブルク)
とてもいい形で試合に入ることができていたし、実際に試合の主導権を握っていた。リードするのに見合っていたものだと思うよ。しかhし個人のミスから同点とされてしまった。まぁこういうこともつきものではあるのだが。そして終盤に入って規律をはじめて失うところをみせしまったよ。この結果は選手、スタッフ、ファンにとって非常に大きな失望だ。だがまだ我々は戦う。信じる気持ちを失ったわけではない。






  • ブンデスリーガ・各チーム情報