ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月21日

オーバメヤンが初のブンデス得点王に…最終節の2発でレヴァンドフスキを上回る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブンデスリーガ第34節が20日に行われ、2016-17シーズンのリーグ戦全日程が終了した。

 クラブでは、バイエルンが今シーズンも圧倒的な強さを見せつけて5連覇を達成。一方、個人タイトルではドルトムントのガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンが自身初のブンデス得点王に輝いた。

 最終節を前に、オーバメヤンは29ゴールをマーク。30得点を記録しているバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキを1点差で追いかけていた。

 そして迎えた第34節、ドルトムントはホームでブレーメンと対戦し、4-3で勝利。オーバメヤンは決勝点となるPKを含む2ゴールを挙げ、総得点を「31」に伸ばした。一方、フライブルクと対戦したバイエルンも4-1と大量得点を奪ったものの、レヴァンドフスキはノーゴールに終わり、総得点は「30」で足踏み。この結果、オーバメヤンが単独得点王となった。

■2016-17 ブンデスリーガ得点ランキング
1位 31得点 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
2位 30得点 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
3位 25得点 アントニー・モデスト(ケルン)
4位 21得点 ティモ・ヴェルナー(ライプツィヒ)
5位 16得点 マリオ・ゴメス(ヴォルフスブルク)


きんg

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報