ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年06月27日

6月27日のブンデスリーガ移籍情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


マインツ、シュトゥットガルトからマキシムを獲得
シュトゥットガルトは火曜、アレクサンドル・マキシムが来季から、マインツ05へと移籍することを発表した。マインツ側の発表によれば、契約期間は2021年まで。2013年冬にシュトゥットガルトへと加入した177cmのプレイメイカーは、これまでブンデス1部91試合(11得点)、2部25試合(5得点)に出場。特に今季の終盤では、第28節からの6試合で3得点2アシストと2部制覇に貢献しており、セットプレーも得意とする攻撃的MFはルーマニア代表としてこれまで28試合に出場しているところだ。

フランクフルト、ベンフィカからヨヴィッチ獲得
アイントラハト・フランクフルトは火曜、ルカ・ヨヴィッチを迎え入れることを発表した。19歳のCFは2年間のレンタルにて、ベンフィカ・リスボンより加入することになる。買取オプションつき。2016年からベンフィカに在籍する身長181cmのセルヴィア人FWは、これまでセルヴィア代表では、ユースにて49試合で出場している。

アルティントップがアウグスブルクからプラハへ
アウグスブルクとの今月いっぱいまでの契約を満了し、ハリル・アルティントップが来季からスラヴィア・プラハでプレーすることが火曜日に明らかとなった。4年にわたりチームを支えてきたベテランMFに対して、アウグスブルク側は延長を目指していたものの、月曜日に延長を断念、今夏いっぱいでチームを退団することを発表していた。
ブレーメン、チェコ代表GKパヴレンカ獲得へ
GKの補強を目指していたヴェルダー・ブレーメンは火曜、スラヴィア・プラハからイリ・パヴレンカを獲得することを発表した。週末にもメディカルチェックをすませ、25歳のチェコ代表GKはブレーメンとの契約にサインをすることになる。今季はスラヴィア・プラハにてチェコ1部リーグ制覇を達成し、さらにヨーロッパリーグでは4試合で出場を果たした196cmのパヴレンカは、バニク・オストラヴァにて育成されており、チェコ1部通算103試合、チェコ代表としては2試合に出場してきた。

アオゴ、ホッフェンハイム入りはなし
シャルケとの契約が今季いっぱいで満了となるデニス・アオゴ。ドイツ代表として12試合に出場した経験をもつ30歳のDFに対しては、ホッフェンハイムとの噂が浮上しており、現在デュッセルドルフにてトレーニングを行なっている同選手とナーゲルスマン監督は顔を合わせた模様だが、しかしkickerが得た情報によればアオゴの行き先は別にあるようだ。

フランクフルト、ベンフィカの若手FWヨヴィッチの獲得間近に
アイントラハト・フランクフルトでマネージャーを務めるフレディ・ボビッチ氏が明かしたところによれば、ベンフィカの下部組織に所属するルカ・ヨヴィッチの獲得にむけて、あとは詳細を詰めるのみとなっているという。これからメディカルチェックをすませ、19歳のセルビア人FWはフランクフルトと、延長オプション付きの2年契約を結ぶことになるだろう。

ウスマン・デンベレ巡る移籍の噂をツォルクSDが一蹴
最近ドルトムントでは、ウスマン・デンベレを巡る移籍の噂が盛り上がりをみせている。20歳のフランス代表MFに対しては、バルセロナ、さらにマンチェスター・シティからの関心も伝えられたが、しかしミヒャエル・ツォルクSDはこの噂について「話し合いなど行われてはいないし、次のシーズンも引き続き、ウスマンはドルトムントでプレーするよ」とこれを一蹴した。昨季にレンヌから加入した欧州が注目する若手との契約期間は2021年まで。

フランクフルト、若手CBクノーテとプロ契約
アイントラハト・フランクフルトはノエル・クノーテと、2020年までのプロ契約を締結したことを発表した。これにからはU19ではなく、トップチームでの練習に参加することになる模様。18歳の若きセンターバックは、今季はフランクフルトのAユースにて21試合に出場しており、「僕にとってこれは、1つの夢が実現したということなんだ」とクノーテは、月曜日のサインについて喜びを語った。
プータロー、ビーレフェルトで練習も将来は不透明
来季レアンドロ・プータローはどこでプレーすることになるのだろうか。今シーズンは2部ビーレフェルトにレンタル移籍し、リーグ戦15試合に出場した20歳については、ビーレフェルト側はそのまま保持を希望しているものの、2019年まで契約を残しているヴォルフスブルクとは、同選手のビーレフェルトでの練習参加は認められたが、話し合いは継続されたまま変化はない。
宇佐美のアウグスブルク、アルティントップの退団を発表
ハリル・アルティントップが今季いっぱいまでとなっている契約の延長を見送り、このままクラブを後にする決断を下した。これはアウグスブルクが明らかにしたもので、「ハリルの決断をとても残念に思う。彼は数年に渡って、チームにとって重要なリーダー的存在だったんだ」と、マネージャーのロイター氏は語った。なおアウグスブルクでは主に中方でプレーしてきたベテランMFの今後の行き先については未定となったまま。

trans



  • ブンデスリーガ・各チーム情報