ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年09月16日

【ハノーファー2−0ハンブルク】採点・結果、コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マン・オブ・ザ・マッチ:イフラス・ベブー(FW:ハノーファー)


【得点経過】
1−0
:ハルニク(50分、フュルクルーク)
2−0:ベブー(82分、クラウス)

【試合後コメント】
アンドレ・ブライテンライター(監督:ハノーファー)
「90分間にわたって、本当にいいプレーを見せていたと思う。後半早々に得点できたことももちろん重要だった。昇格組とし、我々は守備をうまく取り組んでいかなくてはならないというポイントがある。それが実際に昇格を果たす上でのポイントでもあったし、今はあまり相手にチャンスを与えずにすんでいるね。いい形で来れていると思うよ。しかしまだまだこれからも取り組み続けていかなくてはならないさ」

マルクス・ギズドル(監督:ハンブルク)「先制点を奪われるまでは、とても均衡した試合だったのだ。しかしながらこれといったシュートチャンスは作りせずにいたね。ハノーファーは我々にロングボールを強いらせていたし、それに最初の失点の場面については守備面でまずいものがあった。ちょっとしたことの積み重ねによって、なかなか自分たちの試合にできなかったよ。これからは水曜日の試合に集中していかなくては」

【先発メンバー】


  • ブンデスリーガ・各チーム情報