ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年09月17日

【ライプツィヒ2−2グラードバッハ】採点・結果、コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マン・オブ・ザ・マッチ:ラース・シュティンドル(FW:グラードバッハ)


【得点経過】
1−0:ティモ・ヴェルナー(17分、ベルナルド)
1−1:アザール(25分、ホフマン)
2−1:オギュスタン(31分、ケイタ)
2−2:シュティンドル(61分、ザカリア)

【試合後コメント】
ラルフ・ハーゼンヒュットル(監督:ライプツィヒ)
:「接戦だったのは明らかだったと思うが、我々としては3点目を取らなくてはならなかったと思う。しかしそれが叶わなかったよ。相手がどんどん状態がよくなっていった。我々のほうは時折あわてているようすが見て取れたね」

ディーター・ヘッキング(監督:グラードバッハ)「ライプィヒは開始から25分までは本当によかった。ただ我々の方もクオリティがあるというところをみせることができたね。危険なカウンターをもつライプツィヒとの戦いは、常に危険と背中合わせなのだが、しかし我々はいい試合ができたと思っている」

【先発メンバー】


  • ブンデスリーガ・各チーム情報