ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年09月18日

【レヴァークーゼン4−0フライブルク】採点・結果、コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マン・オブ・ザ・マッチ:チャールズ・アランギス(MF:レヴァークーゼン)


【得点】
1−0
:フォランド(21分、アランギス)
2−0:アランギス(29分)
3−0:フォランド(34分、ラース・ベンダー)
4−0:ブラント(86分、アランギス)

【試合後コメント】
ハイコ・ヘアリヒ(監督:レヴァークーゼン)
「正しい方向にむけた、大きな一歩を記せたと思う。この試合のパフォーマンスも、そして結果自体もふさわしいものだ。この勢いで、ベルリンでの戦いに乗り込みたいと思う」

クリスチャン・シュトライヒ(監督:フラブルク)「前半で我々がみせてしまったものは、本当に悪いもんだった。ただあの状態にあるレヴァークーゼンが相手では、我々には太刀打ちするすべなどないよ。選手たちはこのことを負担に感じる必要はない。むしろこのままの道をすすむのみなんだ。」


  • ブンデスリーガ・各チーム情報